PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出ない理由

Vividにティアが出ない理由をヴィヴィオが考える。
それは、ヴィヴィオが考えるその理由は、かなり、アブノーマル。
黒ヴィヴィオの降臨。


「ViVidにティアが出ないね―・・・」

「Forceには、出てるけどね。」

と、いう事で・・・

昨日から、ティアがエロ水着でいてくれているので、私はヴィヴィオちゃんはずっと、抱いていました。

と、言う事で、考えました。

ティアがViVidに出ない理由を・・・












「ご馳走様!」

なのはママの御飯を食べた後、私は、いつも、自分の部屋へと向かいます。

勉強する為ではありません。

ある人を、愛する為です。

ママ達を除けば、私の初恋に近い人。

だから、独占したくなるの。

誰にも、渡したくない・・・

誰にも・・・・

スバルさんにだって、渡さないよ。

「さぁ・・・今日も、可愛がってあげるね?」

クローゼットを開ければ、私の大好きな人が、目の前にいる。

一糸纏わぬ姿で。

涙で濡れた、瞳が綺麗・・・

朱色の髪が靡いて、両手両足を拘束した姿は私を濡らすには、最高の状態。

「ティア・・・?」

「ヴィヴィオ・・・お願い・・・ここから、出して・・・」

「駄目だよ・・・そうしたら、スバルさんや、殆どの人がティアを独占しちゃうんだもん。」

それに、ティアは、私のだよ?

絶対に、誰にも渡す訳無いじゃん。

「そんなに、泣かないで?ね。」

両手、両足のバインドを解除し、私は彼女を、今日も可愛がる。

「セイクリッド・ハート。いつもの・・・アレ・・・ね?」

兎のぬいぐるみが、静に頷いた。

私の下半身に、ティアを愛する為の物が現れる。

「い、いや・・・」

「大丈夫。今日も、優しくしてあげるよ・・・?」

妖しく、微笑みながら、私は目の前にいる独占したい人を、ただ、眺める。

見つめているだけで、ティアの全てが、人間の液体で濡れていく。

あぁ、何ていう、魅力的な姿なの?

ティア、素敵だよ?

素敵にも、程があるよ・・・

フェイトママでも、なのはママでも、誰にでも表現できない綺麗さだよ・・・

でも、そんな魅力的な姿じゃ、余計、私のものにしたくなるじゃない。

やっぱり、いつも以上に、可愛がってあげるわ。

「可愛いよ?ティア。」














まぁ、私の想像だと、こんな感じなのかな。

「と、私に監禁されているからでは!?」

「んな訳あるか!!」

監禁説は、まず、ありえないか。

「なんで、あんたは、そんなエロゲーなネタしか、思いつかないのよ・・・?」

「何となく・・・?」

「悲しいなぁ・・・私は。」

「あぁん、ごめんってばぁ!」

「この水着も脱いじゃうよ?」

「だめぇ!!」

あぅぅぅ・・・

確かに、あんな考えしたのは、悪いけどぉ・・・!!

「もう、ヴィヴィオなんて、知らないからね・・・」

やばい・・・本気で、怒った?

怒ってるよね!?

「ティアー・・・?」

「・・・」

あ、何も応えない・・・

「ごめんね?お願いだから、機嫌直して?」

あぁ、もう、泣きそう・・・

目が濡れていても、ティアに一日でも、嫌われるのはいやだもん・・・

「もー・・・そう、言われたら、逆らえないの知ってるくせにぃ!!」

「許してくれる・・・?」

「キスしてくれたら・・・」

「うん・・・」

そのまま、ティアの唇を唇で覆って、私は、ティアを抱きしめながら、精一杯のごめんねのキスをするのです。

暫くして、ティアが、私から、体を離します。

そして、満面の笑みで、

「許してあげる。」

「ティア―♪」

喧嘩しても、一日で仲直りです♪

毎日、ラブラブです♪

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 監禁ネタキタぁぁぁー(苦笑
 しかし、ヴィヴィオママンの想像はいつもわれわれの想像を遥か斜め上へと突破していますね。天元突破?(ちょ
 でも、それもまたよし(しみじみ
 さぁて、次回はどんな方向に突破してくれるのか。期待してお待ちしています。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/08/01 10:26 | URL |

Re: タイトルなし

まさかの、監禁ネタぁぁぁぁぁと、言う事で。
あの人の心の中は、いつでも超天元突破な感じで、刺激が強すぎて、ティアに怒られるというのが、最近の形となっておりますね。
其れも、愛情の現れの一種のような感じです!
さて、次回はヴィヴィオママがお休みで・・・
なのフェイの出番です・・・!

| 月 | 2009/08/01 11:19 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/2111-7282c394

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT