PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神のお告げ

ヴィヴィティアー夫婦


ミッドチルダにて。

「ティア!!おっぱいを揉みたいの!!」

「え、と・・・ヴィヴィオなんで?」

「なのはママが、いつもフェイトママのおっぱいを揉んで、フェイトママが凄い、幸せそうな顔してるから!!揉んでみたいの!!ティアを幸せにしたいの!!」

つーことで・・・

「ま、まァ・・・良いけどね。」

ってなわけでー・・・ある事無い事山ずみ♪

「良いよ。ヴィヴィオの好きなように、触っても。」














「うぉ!?」

別世界の夢を時折見ます。

今のは、神のお告げなのでしょうか!?

ティアの胸を揉めという!!

じゃぁ、遠慮なくもみます。

寝ている間にも。容赦無く。













こんばんは。

って言う方が、正しいのか、もう、どうでも良くなってきました。

さっきから、何かもう、感覚というものが消えているような感じのする高町ティアナです。

「ヴィヴィオ・・・いつまで、揉んでるの?」

「多分・・・今日は、離す事は無い。と、思うんだ。」

何というか、気付けば今日の朝からずっと胸を揉んでいる訳です。

どういう、アレかは解りませんけどね。

甲斐田ゆきさんが痴女役をやっているくらいに、驚きました。

いやぁ、実はかなりあっていたりする訳ですけどね。

「んで・・・何で・・・今日の朝から・・・」

「何でかな・・・突然、一日中触りたくなった。」

と、言う事で・・・朝、着替える時も、朝食を作るときも、掃除する時も、昼食作るときも。

「片時も話すこと無かったわよね・・・」

「あぁ、もう・・・最高の触り心地だわ・・・」

本人曰く、この、むにゅむにゅ感がたまらないらしいです。

いや、マジで。

うん。

マジで。

「むにゅむにゅ・・・」

洗濯物干す時も、買物行くときも・・・

「買物行くとき位、やめたらどうなのよぉ!!!」

「あぁ、其れは・・・無理だわ。」

もう、周りの目が、凄いのなんのって。

ま、ヴィヴィオがこのサイズだから、性に好奇心な女の子という目線で見られていたから、かなり恥ずかしかった訳ですが、この子にはそういう恥じらいは無いようです。

はぁ・・・

取りあえず、おんぶされるような感じで背中に抱きつかれて、もう、はははは・・・

はぁ・・・

疲れた。

「おっぱい・・・良いねぇー・・・ティアのおっぱいー・・・」

「何か・・・大きくなったような気がするんだけどさ・・・」

「あぁ、それはあるかも。」

あるのかよ・・・いや、マジで。

もう、何と言うか、この子は、どうでもいい感じがするわ。

夜中、晩御飯を食べる時。

「ヴィヴィオママ・・・?」

「ん?名のはには、あげないよー。ティアのおっぱいは。」

「そういうことじゃなくてね?」

「うん?」

「何で、一日中、揉んでるのかなーって。」

「神のお告げです。」

はいぃ!?

いや、今、何で、この子はそんなカオスなことをいっているのか全く、わかりません。

結果的には、何でアレに落ち着いてしまったのか解らないGダンガイオーな感じで・・・

「あ、一昨日の和彦さんの話で、草薙護を漏らしていた事をお詫びいたします。」

「んな、こたぁどうでもいいのよ!!大体、この世代でBLUE SEEDを覚えている人なんて、何人いるものか!!」

和彦さんと林原さんが出てたのよね・・・

「神のお告げ!?」

「そうです。神のお告げなのです。神が、ティアのおっぱいを一日獣も目といったから、揉んでいるのです。」

「もう・・・感覚が、無いけどね・・・」

「って、ことは、ヴィヴィオママ・・・ずっと、揉まれてたの?」

「そうよー・・・桃子ー・・・勘弁して欲しいわ・・・」

「本当は、そんなこといって、嬉しいくせに♪」

なんというか、最近、子供達の考えが良く解らなくなってきました。

はぁ・・・ありとあらゆる場面で、この子はもむ。

食器を洗って、片付けている時も。

そして、

「やっぱり、お風呂も!?」

「うん。神のお告げだから・・・」

「いや!!ちょっと待って!!」

「待ちません!!」

ついでに、風呂の中でおっぱいと一緒に揉まれました。

性的な・・・意味で・・・でも、よかったです。

「自分からお尻ふってー♪可愛いなー♪」

「振ってない!!自分から、振ってない!!」

夜の眠る前まで揉まれ、結果的に・・・

「ティアの今日の・・・今日のおっぱい、凄いふるふるだー♪」

結果的に・・・

神のお告げとか、もう、どうでも良いわ・・・

取りあえず、何か、良くわからないから落ちる。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 ティアママンのお願いを「うん、それは無理」と切り捨てるヴィヴィオママンにすがすがしさを感じました(サムズアップ
 さすがは性王様、あ、間違えた。聖王様ですね(わざとくさい笑
 しかし、一日中ですか。ヴィヴィオママンはよく、ね。手の力がなくならなかったなぁって思いましたが、ヴィヴィオママンですもんね。当り前か(ちょ
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/06/12 06:59 | URL |

Re: タイトルなし

神の・・・お告げですから。ってな感じで、この世界にヴィヴィオに逆らえる人間はだれ一人とていなかったり。あそこまで、理不尽でありながら、ティアナは、よく頑張っています。
ヴィヴィオの清々しさは…確かに、性王・・・いや、聖王様ですね!!
はははwww
愛のためなら、手の力がなくなる感覚なんて、感じませんわ!!二人の愛の前と、ヴィヴィオの独占欲なら…!!
ふふふははは・・・これからも、理不尽に頑張ります。

| 月 | 2009/06/12 17:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1982-c70698f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT