PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

次元海賊リリカルなのは

落ちは、なんやねん!!
的な感じで。


「それで・・・なのは、本当にやるのか?」

「勿論なの!」

戦艦・御武雷タイプの新造戦艦・御武雷式、御来光と言う名のテストパイロットならぬ、テスト艦長に私、高町なのはが立候補して、ライバルをフルボッコにしながら、やっと掴み取ったこの栄光・・・

ふふふ・・・とうとう、野望が叶う日なの!

「クルーは・・・本当に無茶な相談だったな・・・ほぼ、同窓会と言って良いぞ?これは。」

まぁ、それはどうでもいいの。

でも、邪魔されずにいちゃいちゃできるなら、従来のメンバーで充分なの!

「副官に・・・フェイト・・・参謀にはやて・・・」

ふふ・・・

「もう、夫婦じゃないか・・・」

「祝福してくれないの?クロノくん。」

「祝福するさ・・・僕は、なのはとフェイトが結婚するのが一番自然体と思ってるからね。」

クロノくんは、やっぱり、話がわかります。

そして、頼りになるのですが、

「あ、エイミイから電話や・・・」

エイミイさんから、電話がかかってくれば

「今日は・・・まず・・・エイミイを食べたいな・・・」

エイミイさんの前では、子供です。

ただし、変態度なら、私もフェイトちゃんを思う気持ちは負けてはいません!

「ふっ・・・エイミイ・・・愛しているよ・・・あぁ。大好きだって・・・おまえの唇も、胸も、爪も、指も、公共の電波では言えないところも・・・」

ただ、時折変態です。

「とりあえず・・・出航は一週間後だ。」

「解ってるの。」

「変わること・・・どうせ無いんだろうなぁ・・・まぁ、あいつがいないくらいか・・・」

クロノ・ハラオウン、戦艦御武雷之艦長也。

無印時代では、かなりの活躍。




いっしゅうかんごー




「さぁ、野郎ども!!出航なの!!」

やけに、テンションの高い。

「フェイトちゃん・・・」

「なのは・・・」

船長と言う名の艦長、高町なのは。

そして、副官フェイト・T・ハラオウン

「テンション高いなー。なのは母さん・・・」

「私の仕事・・・いいのかな?」

「良いんじゃないかな♪これは、これで、楽しそう♪」

なのはとフェイトの義息子であり、突撃隊長である浦島悠介。

突撃副隊長であり、悠介とヴィヴィオの妻であるティアナ・ランスター。

癒し担当の高町ヴィヴィオ。

「もう・・・頭痛い・・・すずか・・・」

「ははは・・・なのはちゃん・・・」

現場指揮官、月村燈也。

安らぎ担当、月村すずか。

すっかり和解!!

「エリオ!今日は、どんな責めが良いかしら♪」

「キャロの・・・好きなように・・・」

拷問担当、キャロ!

極M担当、エリオ!

「アルフ・・・良いではないか・・・」

「ちょっと・・・流石に、全員集合してる時に・・・」

万年発情期、九美&アルフ

「もー、どうでも良いわ。」

ロリ担当ヴィータ。

「ロリ担当って、何だよ!!」

「アリアー♪」

アリア社長担当シグナム

「セイバーで、出番が有った、わかりゃしない・・・」

医療担当シャマル。

そして・・・

「金狼のカムイのパクリ担当!!」

「パ、パクリではない!!」

生まれたのは、カムイが先な筈・・・

ザッフィー

「なのはさん所なら!!」

馬鹿担当スバル・ナカジマ。

「アー・・・苦労が・・・」

馬鹿の補佐担当ギンガ・ナカジマ。

癒し四人組ルールー、イクス、リィン、アギト!!

その他、5、6、7、8、9、10、11、12の方々と、既に、後半辺りから空気になってる六課の操舵とか、通信とか担当してる人たち。

そんな、クルーで

解説:暴走気味な高町なのは

「皆、1年間やっていくの!!!」

ってな訳で、

「BGMなの!!!」

流れてくる音楽は・・・

東方神起

「何故・・・」

「ふふふ・・・これなの!!」

それは・・・

「あ!俺のワンピース!!無くしてたと思ってた単行本!!49巻」

悠介の私物

「息子であろうが、問答無用なの!!!皆、出航なの!!!」

まぁ、そんな感じで、目的地は・・・

「全並行世界に行って私とフェイトちゃんをくっつけるの!!」

「無茶苦茶だー!!」

「そして・・・邪魔する社会権力や他の奴等を・・・高町なのはの名において、処刑して、それで生きているようなら、拷問して、あんな事やこんな事・・・テレビやラジオ、NHKで言ったら、絶対に首になりそうな、公共の電波では流せない事するの!!!!」

「なのは・・・凄いよ!!」

「すずか・・・膝枕良いかな・・・頭、痛すぎて・・・」

「う、うん・・・」

燈也、崩壊気味。

「それじゃ、行くの!!!」

かくして新型戦艦・御・・・

「なのフェイ!!御来光じゃなくて、これより、この戦艦の名前は、なのフェイなの!!」

なのフェイは、全ての、なのフェイ・・・または、フェイなのを成就させる為に並行世界に向かうのであった。

by.高町なのは♪











現実へと帰る。

「って、言う夢を見たの。」

「なのは、凄い、夢だね。」

5歳児の見る夢ではないと思うけど、なのはは、凄いのです!

「誰か・・・忘れてるような・・・」

「気のせいなの♪」

「そっか。」

「いたとしても、忘れるくらいだから、どうでも良いの♪」

と、いうことで、今日も一日頑張ります!

| 140cmの33歳児 | 00:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 さすがはなのはさん。夢の中でも冥王っぷりは衰えないのですから。
 でも、そのお陰で巻き込まれる人たち多数(汗
 しかし、その際、わき起こる不満をオール無視。やっぱりすげー(大汗
 まずい、このままじゃ、本気でまずいかも(危機感
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/05/27 07:03 | URL |

Re: タイトルなし

まー・・・息子の場合は、婿養子レベルですので・・・何というか、巻き込まれるのは仕方がないといった感じで。
モー・・・何というか、巻き込まれる人たちの不満なんて、知ったこっちゃねぇ。見たいな感じでご在です!!
とりあえず・・・強いです。
いや・・何が、強いのかわからないかも。
それ以前に・・・まだ、そんなことございませんよ!!勝てませぬ!!
まだ、私は!!

| 月 | 2009/05/27 11:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1946-8dfb6094

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT