PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

義母斗一緒 其之爾

眠い・・・
珍しく製作時間は20分以内だった・・・


「ヴィヴィオー・・・」

やだなー・・・

ヴィヴィオがいないと、一人じゃ満足できない体になてっるよー。

これじゃ、変態じゃない・・・変態じゃないわよ!

後、何だけな、フェイトちゃんじゃ、満足できないから無駄に体が火照ってるのに・・・

あぁ、もう、我慢できないなぁ!!

下・・・

だけじゃ、駄目。

上のほうも・・・

「あぁ・・・」

ちょっと、これでも、満足しない・・・

16のときは、これで満足できたのに。

もう、駄目ね・・・

体が、ヴィヴィオに汚染されてるわ。

一人じゃ満足できないって、どれほどのものよ・・・

上下、同時に自分で責めているのに、何なのよ・・・

もう、自分で満足することのできない体なんて、駄目じゃない。

ヴィヴィオがいないだけで、こんなに不憫になるなんて。

絶頂を迎えるような、ことがあっても、無理。

満足なんて、できやしないわ。

ヴィヴィオー・・・

戻ってきてよー・・・

溢れるからだの熱さを、我慢するために、もう、面倒だから・・・

寝巻きも、脱いで・・・

全裸で寝ないと、この体を冷やすことなんて、できない。

できれば、ヴィヴィオが帰ってきたときには私はあの子の手でイかされてれば満足できるんですけどね。

さて・・・寝るか・・・

「ティアお母さん、可愛い♪」

・・・えぇと、そう言えば、この子は一人でお風呂に入れないのと同時に一人で寝れないんだっけ・・・

そんなことをキャロから聞いたことがあるわ。

あ、だから、なのはと一緒に寝てるわけね。

毎日、毎日。

「一人でしてるとこ・・・凄い、可愛かったよ。」

やっぱり、見られてたー!!

「凄い、濡れてるよ・・・」

いやぁぁぁ!!

そんなこといわないで!!

それ以前に、見ないで!!

それ以前に、ちゃっかり、自分の枕を持ってきてるし・・・

そして、自分の寝巻きを着ていやがる・・・

何というか、小悪魔ね。

この子は・・・

それで、用件はというと、

「一緒に、寝ていい・・・?」

「いいわよ・・・」

この際、見られたんだから、何もかも同じよ!!

それ以前に、もう、何をされても構わないわ。

と、言ったものの、この子は、何もしてくれる訳もなく、ただ、私に抱きしめられて眠るだけで。

そう言えば、なのは一筋だったのを思い出すわ。

なのはの母親であるとは言え、流石に、手を出す訳が無いか。

そうよね。

ま、明日にはヴィヴィオが帰ってくるし、それまで我慢しましょう。













と、油断させている間に、もう一つの出来事を確認しなければなりません。

ま、何を確認するかというと、ヴィヴィオお母さんが言っていたように、ティアお母さんの乳首は苺味であるというのを確認する為です!

ちょうど良い感じで、今日のティアお母さんは全裸!

良い感じで、おっぱいに圧迫されてOKでございますわ。

行為して、包まれて寝ていると良い感じで眠気に襲われる。

なんというか、すばらしいクッションです!

ヴィヴィオママは、何と言うかずるいとでも言いましょうか。

あ、でも、なのはも何れはこのおっぱいになるわけだから、良いわけだ。

なのはも何れは、この胸に。

こんなおっぱいに成長するのね!

ふふふふふ・・・と、言う事で実験開始です。

ばれないように、ティアお母さんの桃色の蕾さんに口を・・・!!

「っ・・・」

起こしちゃったかな?

でも、おきても、此処まで体が火照っていれば、何とかなるかも!

感想はといいますと、美味しいのでこれはいけます!

本当に、苺味的な感じで美味しいです!

ずっと、こうしていたい感じで、

「っう・・・あぁ・・・」

ふふふ・・・

感じてるんだ♪

いつかは、なのはに、こんな事をされますように。

何て、思いながら、この味を満喫していたら、寝てました・・・














ごじつ。

「ティ、ティアァァァ!?!?!?」

「フェ、フェイトちゃん!?!?!?」

う、煩い。

「あ、二人ともお帰り。」

帰ってたんだ。

ヴィヴィオと、なのは。

「フェイトちゃん・・・」

「な、何・・・?なのは・・・」

「おしおきなの・・・」

ま、行ってらっしゃい。

フェイトちゃん。

「フェイトちゃんに・・・・何をして貰っていたの・・・しかも、全裸で!!」

「昨日、色々とあってね。一日にあんたに抱かれないと駄目みたい。だから、全裸で寝てた。」

と、言う事で出きれば、

「抱いてくれる?」

「え!?良い!?」

「うん・・・」

「じゃぁ、遠慮なく・・・」

美味しく、頂かれました。

| 140cmの33歳児 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 最強(恐?)親子帰還ですな。
 なのはさんがうちの冥王様とダブって見えました。ごめんなさい、うちの冥王様が勝手にご出張されたようですね(汗
 まぁ、それはともかく。
 ティアママンはやはり、バリネコですね~。うん、すごくおいしいですね~。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/05/22 06:17 | URL |

Re: タイトルなし

いやー・・・最凶の親子かも知れない今日この頃です。
あ、あれ・・・?ダブってしまいました…?あれー・・・まさか、脳内に…そちらさまの、なのは様が降臨したのかなー・・・恐いです。
ティアママはもう、かなり、優遇しまくってます!!
だかあ、体形とか、その他色々と・・・色々と・・・もう、凄い、ことになってます。
そして、受け!
美味しそうでも、ヴィヴィオがいる限り、食べれないかも・・・
手、手を出しちゃダメ!!
と、のことで。
あしたは、どうなるかなー・・・

| 月 | 2009/05/22 18:00 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1933-df7c12ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT