PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今日も、また、誰かー♪アイツの餌食ー♪

タイトルが、SSのタイトルです。
大学の友人が、アレみた後に、フルを載せろって言ったから・・・
書いてたら・・・何とも、あほなモノを作ったなと・・・思いました。
仕方ないので・・・
フルをSSとともに載せました…
Y・Sが好きな人は、絶対に、読まない方がいいです。


朝起きたら、イクスとルールーの二人が、目の前に、いました。

どうやって私とティアの愛の巣に入ったかは、知りませんが、まぁ、なんの話カナーなんて、思ったら、シングルマザーであるこの二人、等々。

「結婚しました♪」

「これからは、お隣さんです♪」

何というか、百合花々が咲き乱れる今日この頃で、良い感じな訳ですけどね。

まぁ、何というか、イクス、るーるー…おめでとう。

心より、祝福したげるわ。

ただ、これから、隣が、煩くなるわね。

皆で、触れ合う機会も増えると思うわ。

うんうん。

そして、無断で、この部屋に入るな。
















「さっきから、なのはたちが歌ってるのよ。桃子。」

「え・・・?」

原因は、この前、私が歌っていたSOSの替え歌。

何か、勢いで、歌詞をつけてみたら、なのはとフェイトがはまったみたいなのよねー・・・Y・Sが好きな人には、本当に効くのを勧め出来無い歌だわね。

本当に。

いや、マジで。

私も、まだ、若いって、ことかしら。

何というか、SOSが、好きだったりする訳なのよね。

ただ、あの子たちに、偏見的な悪影響な歌を覚えさせてしまったのではないだろうか、なんて思う訳でしてね。

下手すれば、おしかりを受けるような感じで、アンチユーノな人にも怒られそうな、独断と偏見を取り入れまくってしまったような歌な訳でしてねーはははー・・・はぁ。

でも、何か、フルで歌ってみたくなるじゃない!?

嫌、こっちの場合だと、載せるだけどさ。

ま、まぁ…いやなら、読まなければいいじゃない!!

はい!ここで、宣言なさいました!

一応、上でも、こっちでも忠告なさいましたけどね?

それでも、読んで、文句は言わないで!!

読んでも、内容は、下らない訳ですけどね。

はい。

我ながら、何という、下らない替え歌を作り、なのはとフェイトちゃんに歌わせてしまった訳でございましょうはははー、何て、思う訳ですけどね。

うちのなのはを脅かそうとしたり、まぁ、そんな感じで。

もう、どうでも良いや。

「で…何を歌ってるの?」

「…か、替え歌?」

4人が、テーブルを囲うように、座って、凄い笑顔。

「何の…?」

「ほら…この前、なのはを虐めてた…」

「あぁ、あのクソガキね。」

「そうそう。クソガキ。」

で・・・

「そのクソガキの替え歌歌ってたら、あの子たち、覚えちゃって…」

「それは、自業自得なのでは?」

言われなくても、解ってます…

「ユーノは、淫獣なのよー♪気をつけなさーいー♪」

「年頃になったならー♪慎みなさいー♪」

「フェレットの顔していてもー♪心の中はー♪」

「淫獣が牙を向くー♪そういうものよー♪」

「優しい顔だからー♪大丈夫だなんてー♪」

「うっかーり信じたらー♪駄目、駄目♪」

「駄目♪」

「駄目よ♪」

「あぁー♪駄目駄目よ♪」

「S・O・S♪S・O・S♪」

「ほらほら呼んでいるわー♪」

「今日もまただれかー♪ユーノの餌食ー♪」

ふぅ。。。

頭を全身使って、壁に打ち付けたいです。

「なのはー、フェイトちゃーん、はやてちゃーん、アリシアちゃーん・・・あんまり、外に出て歌っちゃだめよー・・・」

なんか、ガン×ソードの17話のEDを思い出したわ。

youtube辺りで、配信されてるから、ご視聴あれって、ところかな?

「なんで?」

「いろいろと、ネットでサーフィンしてる人がうるさいからよ。」

どういう、意味なのか、あまり分かっていないようだけど、そんなのは、後に分かる訳でね。

まぁ、話は変わるとして、何だか、あの子たちを見てると、色々と心が落ち着いてくるわね。

なんて、思う訳でございましたが、娘が可愛いのは、事実です。

やっぱり、私が、お腹痛めた、可愛い子供なんだよねー。

桃子も、可愛いよ。

何というか、ティア譲りで、色気ばかり、育ってますが・・・やっぱり、可愛いです。

なのはは、私同様にロリ重視に育ってほしいけど、無理だよね。

「ただいまー・・・」

はっ…!

この声は!

「ティアー♪」

「移りが早いなー・・・」

ティアだー♪

「ヴィヴィオ…ダメでしょ。子供たちがみてるのに・・・」

「そんなの、知りません。ささ、ただいまのチューしよ♪」

「もう・・・」

いやいや言いながらも、ティアは、私にキスしてくれました♪

あぁ、もう、この唇の感触が、一番たまんない♪

なのはや、桃子の唇じゃ、だめよ♪

二人の娘には上げるものですか…この感触は…ふふふ…

「今日は、甘えんぼさんだねー・・・ヴィヴィオ。猫耳が生えてるように、見えるよ?」

「にゃーん♪」

「うっ…想像したら…鼻血が…」

「おかあさーん。」

「何?なのは。」

「フェイトちゃん家に行って、お泊りしてくる。」

「はいはい。キャロの言うことよく聞いてね。」

今夜は、二人きりだー♪

ティアの可愛い喘ぎ声で、何処まで、興奮できるかなー♪

ティアの全身を感じて、ティアの身も心も支配することができるのが、私の特権!!

学園のアイドルだった、ティアナ・ランスターのこうして、自分の物に出来るのは、何という素晴らしいことでしょう。

「あれ?本当に生えてきた!?」

「にゃーん♪にゃーん♪」

「って、桃子がいるんだってば!!」

「ちょっと、リンディ食べてくる…」

「え!?ちょっと!!止めてよ!!」

あぁん、もう、恥じらう姿が、可愛いんだからぁ♪

「リビングだって!!ベッドの上じゃないんだって!!」

「もう、可愛いなぁ♪」

「猫に食べられるー!!」

何というか、私は、今日は、狼ではなく、猫なのでした。

終わりがよろしいようで♪

それじゃ、いただきます♪













使用楽曲+元ネタ
GUN×SWORD ガンソード 第17話 ~座標Xを追え~
しようがっきょく
S・O・S
作詞:阿久悠/作曲・編曲:都倉俊一
原曲:ピンクレディー
ガン×ソード:井上喜久子、桑島法子、雪野五月、千葉紗子
by.ヴィヴィオ

| 140cmの33歳児 | 01:10 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

 まぁ、ネコって狩猟動物ですし、という冒頭から始めさせて頂きます、魔ぎゅなむです。
 さて、ヴィヴィオママンが狩猟動物と化しましたね~。……あ、いつも通りですね(ちょ
 そして、娘二人もお互いの恋人を食べに行ってくるんですねぇ~、うん、わかります(マテ
 ……ふぅ、最近有邪気すぎるな、僕は(遠い目
 まぁ、いいや。
 それでは、これからも頑張ってください。応援しています。では、また。

| 魔ぎゅなむ | 2009/04/26 08:07 | URL |

Re: タイトルなし

ま、猫もそうなんですけどねー♪
ヴィヴィオは、ティアの前では、見境なく、暴走するキャラな訳です。ふぅ・・・それほど、ティアは、ヴィヴィオに愛されていると言うことで♪
故に、高町家は・・・好きな人の前では、獣になることができると言うことで。
そして…娘二人も・・・ふふふ・・・
いやぁ、うちのこれが、有邪気すぎるのが問題なのです。
有邪気で、良いと思います!!

| 月 | 2009/04/26 10:13 | URL |

 前にも書きましたが、そんなに嫌いなら書かなければいいと思うのですが。ユーノが好きな人は読まないで下さいと書いてあっても、そのキャラクターを痛めつけたりする事を書いているのがわかるのであまり意味はないと思います。
 別に、なのフェイと言うカップリングが悪いわけではないのですが、こんな事をしていれば本当になのフェイを嫌いになる人達が沢山出て来ます。ただでさえ、Sts以降でなのフェイと言うカップリングが嫌いな人達が出てきている中で、なのフェイ好きの人がこんな事をすればもっと嫌われるでしょう。なのフェイ好きならわざわざユーノを出さなくてもいいと思います。本当にもう一度よくお考え下さい。

| 名無し | 2009/04/26 18:42 | URL |

Re: タイトルなし

> まー・・・そんな感じで。
> あまり、此処は注目されないでしょう。まぁ、色々とあるとは、思いますがね。
> とは言え、今後は、できる限り、抑えます。
> それでは。
> ご意見ありがとうございました、

| 月 | 2009/04/26 19:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1853-f2d1b38e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT