PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノア

ウルトラマンノア
どのウルトラマンにも、まぁタイプチェンジとかあるわけで・・・
自分の作品の中でも、ゲストウルトラマンを出そうかと・・・
しかし、どのウルトラマンも次元が違う!
だったら、ノアを出せばいいじゃんと、友人が言ってくれた。
平行世界を移動できるから、便利♪便利♪
そんな、ウルトラマンノアとは・・・
概要
メディア展開は、幼児・児童向け雑誌であるテレビマガジン、てれびくんにての雑誌連載が中心だった。雑誌連載時のタイトルは「バトルオブドリームNOA」。

他の ULTRA N PROJECT には映画での展開を行なう『ULTRAMAN』、テレビシリーズの『ウルトラマンネクサス』がある。なお、『ウルトラマンネクサス』の最終話では主人公・孤門一輝をデュナミストとしてノア自身も登場を果たしている。N PROJECT の祖としての存在であると同時に、ウルトラマン・ザ・ネクスト→ウルトラマンネクサスの段階を経て強化されていった光の力と、決して希望を捨てない人々の心の力によって姿を現した究極最終形態(ウルティメイト・ファイナル・スタイル)でもあり、まさに ULTRA N PROJECT の始まりと終わり、アルファとオメガを司る存在である。
キャラクターとしてのウルトラマンノア
太古より全宇宙の平和を守り続ける伝説の存在。永い時を越えて受け継がれてきた神秘の光とデュナミストの融合により誕生する光の巨人・ウルトラマンの本来の姿であり、究極最終形態(ウルティメイトファイナルスタイル)でもある。眩い白銀の光を身に纏い、背中に備わる伸縮自在の翼「ノアイージス」の力で時空超越すら可能にし、神業の如き奇跡を発現させる。闇の巨人・ダークザギと時空を超えた死闘を繰り広げ、ダークザギ共々次元の彼方に姿を消したが、その光は地球のデュナミスト達に受け継がれ、『ウルトラマンネクサス』最終話において主人公・孤門一輝をデュナミストとして再びその雄姿を現出し、圧倒的な強さでダークザギを葬った。
能力
身長:50メートル(ノアイージスを含む全高は55メートル)
体重:5万5000トン
年齢:2万年以上前から存在。生命体かは不明
必殺技
ライトニング・ノア (※最終話) ※『ウルトラマンネクサス』内での使用話
別名、稲妻超絶光線。右手首に左拳を打ちつけるように腕を組み、幾重もの超絶光子プラズマを重ね合わせ、七色の光として放つ超必殺光線。『ネクサス』最終話でダークザギのライトニングザギとぶつかり合い、押し戻してダークザギを宇宙の塵に帰した。
ノア・インフェルノ (最終話)
拳に纏った1兆度の炎を拳と共に敵に叩きつける。『ネクサス』最終話でダークザギを大気圏外まで跳ね飛ばした。
グラビティ・ノア
両掌から放つ超重力波動が、相手を押しつぶして粉々に粉砕する驚愕技。『ネクサス』最終回に於いて、ダークザギが使ったグラビティ・ザギのノア版。重力破壊光線。
ノア・スパーク (最終話)
スパークした両手から同時に発射する、牽制用の光の刃。『ネクサス』最終話ではダークザギに両腕を接触させた状態で使用、ダメージを与えた。
ノア・サンダーボルト
ノアイージス左右の先端からそれぞれ放電、それが交差して、雷状の強烈な電撃となる。
ノア・ブリザード
絶対零度のブリザードで、相手を永久氷壁に封じる。
ノア・シュート
左手に添えた右拳から、強力弾を打ち込む。
シャイニング・ノア
体から放つ光で相手を消滅させる。
ノア・ウェーブ
手から放つ光が、偽物の正体を暴き、仲間を呪縛から解放し、傷ついた相手の体力を回復させる等の奇跡を起こす。
ノア・リフレクション
敵が繰り出した光線技を反射して撃ち返す。
ノア・ギャラクシー
特殊波動で集めたアステロイドベルトの隕石群を操る。
ノア・ミラージュ
自らの幻影を作り出し、敵を翻弄する。
ノア・スルーアイ
両目から発せられる特殊光線で、不可視のものを可視化させる。
ノア・パンチ
超重力波動を放ちながら繰り出す必殺パンチ。
ノア・キック
超重力波動を放ちながら繰り出す必殺キック。
ノア・エルボー
超高速で決める肘撃ち。
ノア・ザ・ファイナル
ノア3大究極技の1つ。自身の全エネルギーと引き替えに次元の狭間に相手を封印する最大最後の大技である。雑誌展開におけるダークザギとの最終決戦で使用、ダークザギを自分もろともM78星雲世界からウルトラマンネクサス世界へ戻した。
ディメンション・ノア
ノア3大究極技の1つ。ノアイージスから発するディメンショナルエナジーで、時空を超える能力。この能力故に、あらゆる次元のウルトラマン世界にノアはその姿を現すことができる。
ウルティメイト・ノア
ノア3大究極技の1つ。ノアイージスに封じ込まれた莫大なウルティメイトエネルギーを全解放すると考えられるが、使用された記録は無く、詳細は全く不明。


ウルトラマンノアの戦いの歴史
2万年以上前(ネクサス世界):M80さそり座球状星団にある来訪者の星にてスペースビーストを壊滅させる。しかし、自身もそのエネルギーの殆どを使い果たし、眠りにつく。自らが作り出したウルティノイドザギの暴走を畏れた来訪者により、彼らの星は破壊される。その際に、ザギと共に、眠りについていたノアも異世界に飛ばされる。
不明(M78星雲世界):時代は不明だが、ウルトラ6兄弟と共闘し、ダークザギや怪獣軍団と戦っている(『バトルオブドリームNOA』)。こちらの世界の地球ではノアの神と呼ばれるウルトラマンの様な光の巨人が、5000年前のバラージに現れたという記録があるが、ノアとの関係は不明。ダークザギとの最終決戦に於いて、「ノア・ザ・ファイナル」を使い、共に次元の彼方へと消え去った。この際、ダークザギは体を失い、地球に向かう。また、ノアもその力の殆どを失い、ウルトラマン・ザ・ネクストの姿となる。
西暦2004年(ネクサス世界):スペースビースト、ザ・ワンを追って地球へ飛来、航空自衛隊隊員の真木舜一を最初の適能者として選び融合、ザ・ワンを撃退するも、彼の命を救うために力の殆どを使い、眠りにつく(『ULTRAMAN』)。
西暦2008年(ネクサス世界):巨大スペースビーストの登場により、眠りから目覚めた彼は姫矢准を第二の適能者として選び、戦いを始める。
西暦2009年(ネクサス世界):ダークメフィストとの戦いの後、千樹憐を第三の適能者として選ぶ。イズマエルとの戦いの後、西条凪を第四の適能者として選ぶが、ダークザギの罠にはまり光を奪われる。その後孤門一輝を第五の適能者としてダークザギと対峙、2004年の記憶を取り戻した人々の声援により、ウルトラマンノアとしての姿を取り戻し、ライトニングノアにてダークザギを撃破する(『ウルトラマンネクサス』)。


| ウルトラマン | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/148-bb317dcf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT