PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

このバトン凄いよ!!!さすが・・・あ、合ってない…

ストーリーバトン


<ストーリー>
ある日、世界が悪魔に征服されました。
悪魔を倒しに行こうと立ち上がった者が大勢いましたが、みんなやられてしまいました。
その事実を知った他の者達は、戦意を失ってしまいました。


第1章『出発の時』

◆あなたの名前と職業は?

名前は月夜美。
職業はミラージュ騎士団。解らない人は、ググってみよう。


◆これから悪魔を倒しに行きますが、何を持っていきますか?
体力があまりないので、持っていける道具は3つのみです。

1、AUGE・・・わからない人は、ググってみよう。
2、水銀橙
3、フィンファンネル
アマテラス陛下の創ったMHと、色々とあるから、大丈夫だ。

必ず絶対勝てるよ・・・ふふふ・・・



第2章『山道で・・・』

◆山道で、魔物と遭遇しました。

銀様に任せる。


◆倒したあとのキメ台詞はなんですか?

「乳酸菌摂ってるぅ?」

・・・シンプルにこれだろ?


第3章『砂漠で・・・』

◆・・・・・・・・道に迷いました。どうしますか?

まぁ・・・歩くか。


◆取った行動は、全くの無意味でした。どうしますか?

・・・銀様に、見てきてもらう。


◆・・・・・・・・さらに無意味でした。しかし、そこへ神様が現れ、あなたを砂漠から脱出させてくれました。お礼の言葉は?

「君の命、もう永くないと思うよ?」

最近、ファイブスターの読みすぎである。



第4章『悪魔の城へと続く道』
 
◆ここまで来ると、さすがに強敵ばかり現れます。そこであなたはこう考えました。
「そろそろ新技が必要だな・・・」
その新技を習得するための修行はどんな修行?

アマテラス陛下とアムロさんの場所に行って、色々と非合法で世界を破壊することのできるであろう装備を付けてもらう。

銀様は強く。

◆新技を習得するのにどれくらい時間がかかると思いますか?

アマテラス陛下とアムロ大尉次第。

◆新技の名前は?

AUGEの武装に、フィンファンネル…さらには、KOGのバスターランチャー二門に、スロウランサー・・・メガバズーカランチャー…月光蝶…etc...
一斉発射(フルバースト・アポカリュプス・・・?かっこつけてみた。)


◆新技を習得し、先へ進むと門がありました。そこには何がいますか?

福田康雄元首相



◆「↑の解答」は敵みたいです。新技を使ってみました。その時の相手のセリフは?

「あなたとは、違うんです・・・!」みたいな


◆・・・・・・・あっけなく倒せました。門が開き中へ入ると、城にはカギがかかってました。呪文を唱えると開くみたいです。どんな呪文?

「ジャンクにしてあげる!!」、に決まってるでしょう


第5章『悪魔城:1階』

◆城の中に入ると、突然お腹が痛くなってきました。その原因は?

だるいから・・・


◆その状態のまま最上階を目指していきます。2階へ上がる階段の前にとても強そうな敵がいます。戦える状態ではないので話し合いをしようと試みます。どんな会話?
*追加してもらっても、減らしてもらっても構いません。
  ↓
あなた「誰?」

敵「・・・」

あなた「何も、言わないわ…」

敵「・・・」

あなた「銀様・・・お願いいたします。」

銀様「ジャンクにしてあげる!!」

そうして銀様から戦いを挑もう!


◆3時間近くにも及ぶ会話の末、ようやく戦闘モードに突入です。相手の弱点はどこだと思いますか?

全て


◆勘が当たったみたいで、一発で倒せました。しかし、その戦闘で持ってきた道具、AとCを失ってしまいました。その時のあなたの心境は?

AUGEをどうやって破壊すると?
そんなの、無理に決まっているじゃないか。
アマテラス陛下とアムロ大尉が創ったわけですから。


◆そして、いつの間にか腹痛も治っていました。治った原因は何ですか?

眠いから。


第6章『悪魔城:2階』

◆2階に上がると、敵が全くいませんでした。しかし、上へと続く階段が見つかりません。
どこにあると思いますか?

AUGEでそのダンジョンを完全に破壊する。


◆残念ながら、あなたの勘はハズレのようです。あなたはまた探し始めます。そんな中、どこからともなく声が聞こえてきます。なんて聞こえますか?

「今日、だるいから・・・帰っていいですかね?!」


◆その声は、天井から聞こえてきます。天井を探ってみると、小学校でよく見かける登り棒が出てきました。登り棒は得意ですか?

銀様に任せる。


◆その登り棒を登っていくと、さっきまでどこにも敵はいなかったのに下からどんどん登ってくるではありませんか!この危機的状況をどう乗り切りますか?20字以内で答えよ。

AUGEで破壊


◆あなたの取った行動により、なんとか凌ぐことができました。感想は?

だって、世界を壊せるほどに改造してもらったし、銀様がいるから当然でしょ?


第7章『悪魔城:最上階』

◆いつの間にか最上階です。登り棒のせいでだいぶ体力を消耗しました。そこで、少し休もうと思います。どれくらい休みますか?

一日


◆休んでいると、いつの間にか眠ってしまいました。そこへ敵が現れ、眠った状態のまま地下牢へ・・・・・・・
おきた時のあなたの第一声は?

「今日もだるい…大学行きたくない…」

灯里様がいないから、代わりに、銀様の羽を布団にして二度寝する。


◆こんなところで終わるわけにはいきません。なんとあなたの持っていた最後の道具で牢のカギが開きました。牢から出られた感想は?

いや、AUGEだから。


◆牢から出ると、最上階への直通エレベーターがあるではないか!!このエレベーターの操作方法は?

ボタンを押せばいいじゃん。


◆なんとか最上階まで戻って来れました。さぁ、悪魔はどこにいるのでしょうか。どうやって探しますか?

だるいから、来るまで待つ。


◆しかし、なかなか見つかりません。どうやら今は留守のようです。帰ってくるまで待つことにしました。何をして待ってますか?

ARIAでも見ようか?うん。ARIAを見よう。


◆1時間後、ようやく悪魔が城に帰ってきたみたいです。部屋に入っていきました。ここで意気込みを聞かせてください。

「お昼ごはん、何食べる?」


◆あなたが部屋に突入した時の悪魔の第一声は?

「え、と・・・じゃぁ、焼きそばで。」


最終章『決戦』

◆悪魔が攻撃してきました!こちらも攻撃開始です。持ってきた道具は1つしか残ってません。どうやって戦いますか?

バスターロックして、一斉掃射


◆互角です。悪魔は本気を出してきました。持っていた道具が壊れました!その時のあなたの心境は?

銀様にジャンクにしてもらう。
その間に、AUGEでも直しておくわ。
銀様なら、しばらく大丈夫。


◆このままでは勝てないと判断したあなたは友達を召喚することにしました。だれを召喚しますか?マイミクの中から一人選びなさい。

マイミク?
まぁ、あの人で良いや。


◆お友達と協力してもまだ勝てそうにありません。もう一人召喚してください。

こっちも、適当で良いや。


◆3人で協力して戦っています。そんな中、携帯電話が鳴り始めました。お友達の一人に電話がかかってきたようです。お友達は電話に出ました。電話はどんな内容ですか?

アリアカンパニー、姫屋、オレンジぷらねっと・・・三社合同のBBQパーティー・・・
行きたい。


◆悪魔も電話の内容が気になってきたようです。しょうがないから、電話の内容を教えてあげました。悪魔はなんと答えましたか?

「・・・いや、行って良いっすか?」


◆悪魔は、うっかり今の発言で弱点を喋ってしまいました。その弱点とは?

腰痛が酷い。


◆弱点を聞いた3人は、早速行動に移しました。大ダメージのようです。あと何分で倒せそうですか?

後、2,3分くらい。
BBQパーティー・・・藍華ちゃんの髪がー・・・


◆・・・・・・・・予想していた時間よりも長引いています。そろそろみんな体力の限界です。あなたは最後の一撃に出ようと思い、技名を叫びながら突撃しました!その技名は?

「月光蝶である!!!!!!!」


◆悪魔も最後の一撃に出てきました!その時の悪魔のセリフは何?

「・・・モー娘で、煙草吸って、クビになった奴って、誰やっけ?」


◆まだ耐えるのか!・・・・・・・と思いきや、悪魔は力尽き消えてなくなりました。あなたは勝ったのです。キメ台詞は何ですか?

「悪魔がなぁ・・・俺を倒そうなんざ・・・できるわきゃ、ねぇだろぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!」

「我が世の春が来たぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」


◆最初に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?

「ちょっと、熱が…」


◆次に召喚したお友達のキメ台詞は何ですか?

「それではよろしくお願いします。」


◆ついに悪魔を倒し、世界に平和が戻りました。さぁ、帰宅です。どうやって帰りますか?

アマテラス陛下に全てを任せる。
あの人は、神だから、何でもできるのです。
その後・・・?
え、BBQパーティーですよ?


【エンディング】
バトンを回したい人を書き出して、スタッフ紹介を完成させよう。

悪魔・・・二年くらい前に、突然首相を辞めた人

召喚された友達(2人)・・・影神刀夜さん、アオイヨルさん

神様・・・?

2階へ上がる階段の前の敵・・・さちりかさん

天井からの声の主・・・元・來夢さん

あなたを地下牢へ連れて行った敵・・・すいもうさん

特別出演(本当はいませんが私がバトンを回したいので)・・・まーちゃん




何かいろいろ素晴らしいバトンだった!

そしてこれは是非やっていただきたいね!うん!マジで!!

キャスティングは適当で。

特に気にしないでください。

何故か、銀様登場。

感想は?

「こんな、下らないことやらせるんじゃないわよ!!ジャンクになりなさい!!!」

| バトン | 19:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

なかなか面白そうなバトンですね。明後日ぐらいにでもやりたいと思いますのでいただいていきます。

| 第4のペロリンガ | 2008/10/28 11:10 | URL |

うぅ・・・

お願いします…やってあげてください・・・

| 月夜美 | 2008/10/28 19:47 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1473-a590cb29

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT