PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

海の上での結婚式(リンディSIDE)



























































本当に、こんなことが出来るだなんて、思いもしませんでした。

初めは無茶なことだと思っていたんですよ。

ヴィヴィオちゃんの話してくれた、ネオ・ヴェネツィアで、本当に結婚式を上げることが出来るだなんて・・・

本当に、孫たちには感謝です。

相手は誰かって・・・

私と桃子です。

先ほどから、オレンジぷらねっとの控え室で、ウェディングドレスとお化粧を着用しています。

なのはさんとフェイトも私たち二人のことを祝福してくれましたし・・・

何より、私たちのお願いのために動いてくれた悠介君や、ヴィヴィオちゃんに感謝しなければいけませんね。

ウェディングドレスに着替えた私、そして、それを手伝ってくれた、なのはさん。

鏡に映る二人・・・

「なのはさん・・・その、私も本当のお母さんにもなるのだけど、それで良いかしら?」

「はい。リンディさんなら、フェイトちゃんのお母さんだし、大歓迎です♪」

ちょっと、桃子に似てきたかな・・・

最初に会ったときより、頼もしくなってきたのは、二人の子供をもうけたから?

「なのはさん・・・大人っぽくなったなぁ・・・」

「そうですか?」

「えぇ。安心して、フェイトを任せられるわ。」

「え・・・」

「応援してるからね?」

餞別ということで、なのはさんにキス。

肌触りが、本当に桃子に似てきたなぁ・・・

なんで、もじもじしてるのかしら?

「準備は、でっかい出来ましたか?」

外から聞こえる、私たちを乗せるウンディーネさんの声。

「はい!」

呼ばれた私となのはさんは、一緒に、部屋に出て、ゴンドラに乗り込みます。。

「それでは・・・お客様お手をどうぞ。」

「はい・・・」

そのウンディーネは、アリス・キャロルさん、小さく見えても、オレンジぷらねっとのエースだそうです。

天才的な腕なんですって。

目の前に広がる黄色のラインの入った白いゴンドラに目を移して、私となのはさんは、それに乗り込みます。

後ろには、オレンジぷらねっとの制服を来た見習ウンディーネが二人・・・

ゆっくりとアリスさんのゴンドラの後を付いて行きます。

桃子が、いないって?

実は・・・

桃子は、アリアカンパニーという会社のほうにいるのです。

そして私と桃子はサンマルコ広場が見渡せる海で落ち合って・・・

永遠を誓う・・・

本当に、これは、現実なのね・・・

「まぁ。」

「まぁ社長、今日のお客さんは結婚式で、でっかいおめでたいんです。」

「まぁぁぁ♪」

このオレンジぷらねっとの社長さんであるまぁ社長が、私に噛み付いてきました。

かわいいなぁ・・・

「はっ・・・噛み付かれた・・・」

「噛み付かれると、何かあるの?」

「はい。まぁ社長にか見つかれたそのカップルは、幸せになります。ちなみに、今までの確率は全部・・・当たりです。」

「そう・・・」

なら、私と桃子の新婚生活は上手くいくのかしら・・・

ふふ・・・今日は、良いことがありそう。

「本当に・・・綺麗な空気・・・」

ミッドチルダや、地球とは違う。

その新鮮な空気に、私はリフレッシュされる。

建築物が綺麗で・・・

優しい風が吹いて、幸いなことに、今日のネオ・ヴェネツィアは晴れ・・・

こんな素敵な日に、結婚式が出来るだなんて、思わなかった。

予定としては、ネオ・ヴェネツィアの水路を一周し、その後に、海の上で、桃子と落ち合うことになってます。

女同士の結婚式だなんて、最初は無茶な相談かなとは、思ったけど・・・

皆が、がんばっれたお蔭で、私はここにいることが出来る。

本当に、皆に感謝したなぁ・・・

十年以上続いたこの関係が、また、新しいものになろうとしている。

「まぁ。」

「え?」

まぁ社長が、気付けば、私のウェディングドレスを引っ張っています。

「どうしたの?」

「でっかい、遊んで欲しいみたいです。」

私となのはさんは、まぁ社長と遊びながら、この街を見渡しています。

本当に、ここに住みたくなるような。

「素敵な街・・・」

「はい。私も、でっかい、そう思います。あ・・・溜め息橋を通過します。」

「あれが、溜め息橋・・・?」

「はい。でも、その意味は今日のような日にでっかい相応しくないので・・・今度観光に来た時にお話します。」

アリスさんって、最初は無愛想な感じがあったけど、結構可愛いのね。

最初、私を見たときは、顔を赤くしたし、髪の色も少し似ていたし・・・

私と桃子の間に生まれる子がいるのなら、こういう子が良いなぁ・・・

「今日は、でっかい、お祝いさせていただきます。」

彼女の優しいその言葉に、絶対に別れちゃいけないなと思います。

リンディ・ハラオウンは誓いましょう・・・

「そろそろね・・・」

「リンディ様・・・ゆっくりとおたちください。」

アリスさんの緊張した声。

何せ、アリスさんでさえ、このようなことは初めてなのだ。

「はい。」

サンマルコ広場が見渡せる巨大な海。

そして、周りには、ウンディーネさんの漕ぐゴンドラに乗っている私たちを祝福してくれるお客様。

笑顔で、私は立ち上がる。

なのはさんも、ゆっくりと立ち上がる。

なのはちゃんは、言うなれば、ヴァージンロードを歩く時の後ろにいる子供たちのような感じ。

「こ、こんなに・・・お客さんが・・・」

ネオ・ヴェネツィアの太陽が、私のウェディングドレスをより、魅力的に映してくれる。

そして、向かい側のほうから、桃色の髪の女の子が率いる、三隻のゴンドラ。

ウェディングドレスを着た、栗色の髪の桃子・・・

そして、私の娘である、フェイト・・・

あれが、悠介君の義弟さんの婚約者といわれている、水無灯里さんだそうです。

ゴンドラの周りには、姫屋やオレンジぷらねっとのゴンドラにウンディーネやお客さんが乗っていて、そこに、・・・

悠介君やヴィヴィオちゃん、

クロノに、

ティアナさんに

はやてさんに、

ヴォルケンリッターの皆や、

レティに、

私の部下、

アルフ、

スバルさんに、

憐君に、

シャリオ、

三大提督の皆様まで・・・、

そして、数え切れないほどの大切な人。

悠介君が、右手を上げて、指を高らかと鳴らすと、悠介君の部下であるナンバーズのメンバーのギンガを中心としたその女の子たちが、空を飛んで、煙幕を使った文字を書いてくれる。

そこには、

「We bless MOMOKO and RINDI.」

私たちは、桃子とリンディを祝福します・・・

本当に、こった演出してくれるんだから・・・

それが、現れた時に、周りには、拍手喝采で・・・

灯里さんとアリスちゃんのゴンドラがピッタリとくっついて、周りのゴンドラは道を開き、海のヴァージンロードを創ってくれました。

「灯里先輩・・・でっかいめでたいです。」

「うん!でっかい、めでたいね!」

ありがとう・・・幸せになるからね・・・

目の前にいるのは、聖王教会のカリムさん。

JS事件の時に、お世話になりました。

そのカリムさんのゴンドラを揺らさずに保たせているのが、姫屋の支店長さんで、アリスさんのお友達の藍華さん。

カリムさんが、牧師さんの代わり。

聖歌の変わりに聞こえてくるのは、アリスさんの先輩であるアテナ・グローリィさんの、カンツォーネ・・・

その素晴らしい透き通る歌声に、惚れ惚れしてしまいそう。

「リンディ・ハラオウン・・・」

始まりました。

「あなたはこの姉妹と結婚し、神の定めに従って夫婦になろうとしています。」

もう、後悔なんて無いもの。

あの人だって・・・認めてくれるはず。

そうだよね・・・桃子・・・

だから

「あなたはその健やかなるときも、病めるときも、つねにこれを愛し、これを敬い、これを慰め、これを重んじ、これを守り、その生命の限り、かたく節操を守ることを誓いますか?」

「はい。誓います。」

ずっと、一緒だよ?

「高町桃子・・・」

桃子は、感激して泣いてる?

嬉しかったのかな?

「あなたはこの兄弟と結婚し、神の定めに従って夫婦になろうとています。」

それにしても、このゴンドラを漕いでいる藍華ちゃんって子、どこかで見たことあるような・・・

昔は、土曜の朝六時からやってて、緑色で・・・

「あなたはその健やかなるときも、病めるときも、つねにこれを愛し、これを敬い、これを慰め、これを重んじ、これを守り、その生命の限り、かたく節操を守ることを誓いますか?」

桃子・・・

貴女は?

「はい、誓います」

嬉しいよ・・・桃子・・・

私たち二人の関係に異議を唱えるものはいなかった。

「それでは」

藍華さんの顔が、妙に、赤くなっているような・・・

「それでは誓いのキスを・・・」

灯里さんやアリスさんも、それを目の前で見るためか、顔を赤くしている。

形式にとらわれず・・・そして、本場のもに近くしてくれた・・・

桃子・・・

「リンディ・・・」

「桃子・・・」

お互いの名前を呼んで、抱き寄せて、私たちは、そう・・・

特別なキスをして、私たちは結ばれた。

それと同時に、周りから賞賛の言葉が送られた。

本当に、私と桃子はこの、ネオ・ヴェネツィアの海で結ばれたのだった。

「放さないからね・・・」

「放さないでね・・・」

その後は私が灯里さんのゴンドラに乗って、腕を組んで一緒に退場です。

後ろから、アリスさんのゴンドラがついてくるような感じで。

「桃子・・・ブーケを投げないと・・・」

「うん。」

桃子の投げたブーケを取ったのは、なのはさんでした。

なのはさんとフェイトに素敵な生活を・・・

さて・・・

この後は、カフェ・フロリアンでウェディングパーティとなります♪

| Married woman and widow | 15:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうでしたwww士郎とユーノはあれでしたねwww
上のSSはリンディバージョンですね^^
流石お兄様粋な事をなさるvv
なのはさんまでリンディさんにキスされて顔を赤らめるなんて…一体…?www
何が狙いですか?お兄様!?www

| まーぴょん | 2008/09/20 17:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1381-215dbbfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT