PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

追悼・・・ロロ・ランペルージ

と、言うことで。
このブログでは二人目ですね。追悼式を行うのは・・・とはいえ、あ、今日は嫁がいるので二人で追悼式ですが。えぇ・・・追悼する方は、コードギアス 反逆のルルーシュR2・・・ルルーシュの義理の弟である・・・
ロロ・ランペルージです。
108_000111.jpg
正直、ロロをはじめてみた時は、絶対に敵だと思いました。
絶対にジョーカー的な存在になると思ってましたね。まぁ、ジョーカーは他にもいたわけですが・・・また、新しいこととして、シャーリー・フェネットを殺害したんですよね。ここから、正直、世間一般様からは嫌われたキャラに走ったわけで。
でも、今、それを思うと大好きなルルーシュのためであるわけなんですよね。
ルルーシュを守りたかったから、あのようなことをして、急いでしまった。
まぁ、今回の話を見て・・・
ルルーシュに対する思いは確かだったとわかって、凄い安心したと同時に、ショックでしたね。まぁ、死んでしまったわけですから。
ルルーシュと和解した時に、これですからね・・・
えぇ。
ルルーシュのために動き、ルルーシュを守る為に死んだ・・・
ロロ・ランペルージ・・・
「だから、もう、僕は・・・僕は・・・道具じゃない・・・これは、僕の意思なんだから!!!!!!」
この台詞が、凄い印象的でした。
ルルーシュの弟になれて、そして、人になれた。

公式より・・・
黒の騎士団に裏切られたルルーシュを救い出すため、許容限度を超えるギアス能力を多用。追手から逃げ延びた後、安堵しルルーシュの腕の中で息絶えた。

これ以上・・・

彼にとって、幸せなことはなかったでしょうね。

まぁ、アニメの人間にご冥福・・・

というのは、おかしいかもしれませんが・・・

ロロ・ランペルージのご冥福をお祈りいたします。

追記にて、コメント返信「ペロリンガさん、蒼星のガンダムさん」


ペロリンガさん
そう・・・ですね。

シュナイゼルは、多分・・・そういうことが得意なのでしょう。色々と隠して、真実をいいように扱う。これが、シュナイゼルというなの男。作詞としては一級貧かもしれませんね。確かに・・・シュナイゼルは皇帝になりそうな感じ。そうですよ!まだ、謎が多いんですよ!!

私もこれからが、楽しみです。
そして、ロロの冥福を祈りましょう。



蒼星のガンダムさん

どうもッす。
そうですね・・・やはり、ショックは大きいですよね。
ルルーシュの本位であるわけでもないんですよね。ただ、それを隠してしまうのは、あの時シュナイゼルがいった、自分で抱え込んでしまうということなのかもしれません。
ロロがルルーシュを信じてくれた・・・このシーンには、涙なくして見れないシーンでした。
今後をシルは、監督次第。
いい結果を、まとうではありませんか。

| コードギアス | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1277-a5f147b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT