PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

良い男がいれば、ユーノの影薄く

01goh.gif
「正式に、皆の前に現れるのは初めてだな。俺は青龍のゴウだ。」
02shin.gif
「それでも、レイはまでに出てきましたよ。皆さん、初めまして。玄武のシンと申します。」
rey.gif
「あぁ、ヴィヴィオちゃんと共演させていただきました。お久しぶりです。朱雀のレイです。」
04gai.gif
「いいよなぁ!!!皆、俺は白虎のガイだ!!」

ゴウ「それで、今日は何故・・・ここに着たのか。それはだ。」
sbchronicles_01.gif
シン「新章エンジェルクロニクルズ・・・それの宣伝ですよね?」

レイ「そうですね。」

ガイ「やっと、石化した後の話が発売されるのか!!楽しみだぜ!!」

シン「それで・・・今回の話は、私たちが封印されて数百年後の世界・・・」

レイ「そこで、女神様が僕たちを救う術が無いかを模索するんですよね。」

ゴウ「うむ。四聖獣の覚醒を中心に、堕天後のユダとルカ、地獄界でのルシファーなど、新たな展開が描かれる!セイント・ビーストファンの皆は是非とも買って欲しい!!」

ガイ「管理人はバイトして買うとかいってたよな。」

シン「そうですね・・・色んな意味でお金が無い人ですから・・・」

レイ「それに、恩讐の章や悠久の章も買ってませんしね・・・」

ガイ「ただ、ここに来ているほとんどの人は俺たちのことをあまりしらいんじゃねえのか?」

シン「あぁ、そのことだったら・・・管理人はぬかりありませんから、大丈夫ですよ。ガイ。」

ガイ「ん?何でだ?」

ゴウ「まぁ、なのはとフェイトがエンジェルクロニクルズフォームで俺たちと同等の力を手に入れた・・・それによって、俺たちのカットインが映っているからな。」

ガイ「そういや、なのはが俺たちの技を使う時は俺たちの名前がちゃんと入っているもんな。」

ゴウ「これで、俺たちのことも、なのはファンに知ってもらおうという管理人なりの手段だ。」

ガイ「なるほどな。」

シン「それじゃぁ、そろそろ戻りましょうか。」

ガイ「なぁ、シン、さっき今日の晩飯を取ってきたんだけど、これ・・・喰えるのかな?」

ゴウ「ちょっと、見せてみろ・・・?」

シン「こ、これは・・・!!」

ガイ「シン、知っているのか!?」

シン「これは・・・淫獣と呼ばれる・・・なのはさんに、淫らな行いをした生物です・・・!!食べたら、大変なことになります!!」

ガイ「うぉぉぉ!!」

ユーノ「うギャ・・・痛いじゃないか!!突然、殴りかかってきて、こうなって・・・僕をどうする・・・」

ゴウ「しゃ、喋ったぞ!?」

レイ「シン、淫獣は喋れるのですか!?」

ゴウ「皆、離れるんだ!!」

シン「無論です・・・その巧みな話術を使い、なのはさんに・・・」

ユーノ「ち、違うよ!!なんだよ・・・最近、オレンジの髪の毛の子供にフェイトのところに連れて行かれて殺されそうになるし・・・」

ガイ「何か言ってるぞ・・・こいつ?」

シン「耳を傾けてはいけません・・・」

ユーノ「全く・・・って、ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!」

ガイ「あれ?淫獣が消えたぞ?」
nanoha00x.jpg
なのは「あれ?ゴウさんたち!?」

シン「なのはさんではないですか。」

レイ「元気にやってましたか?」

なのは「はい!レイさん。」

ガイ「俺は元気だったぜ!!」

ゴウ「久しいな。なのは。」

なのは「皆さん、今日はどうしたんですか!?」

ゴウ「番宣という奴だ。」

なのは「それじゃぁ、今日は・・・」

ゴウ「いや、折角この世界に来て、なのはと会えた。久しぶりに皆の顔を見ておきたい。」

なのは「それなら、こっちですよ。」

ガイ「それじゃぁ、今日はゆっくりして行こうぜ!!」

シン「そうですね・・・久しぶりに皆さんに会えますからね。」

レイ「皆さん、お変わりないでしょうか。」

ユーノっぽいもの。「どうして・・・僕だけ・・・絵が無いのかな・・・?それにしても・・・なんで、セイント・ビーストと関わると、僕はこんなに酷い扱い何だろう・・・?」
08maya.gif
マヤ「あぁ、ユーノだ!!」

ユーノ「うっ・・・マヤ・・・」
07kira.gif
キラ「やめとけ・・・淫獣になるぞ。」

ユーノ「僕は淫獣じゃないって・・・」

バシッ!!!!!!(鞭の音)

ユーノ「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」

| 適度なSS(黒歴史置場?) | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1192-d6b50426

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT