PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デジモンアドベンチャーTriを改めて見直して思ったわけで。

2015y12m24d_163601442.jpg
どうでもいい話、これ、もともとはテレビアニメとしての企画だったんじゃないの?って思える。
一本の映画として見ると、ぐだってる部分はあるけど、アニメ4話分の作品として見ると、構成的にはありなところが多いんだよね。これ。
キャラデザや心境の変化はどうでも良い。脚本、演出、展開が、「あぁぁぁぁ……」なんだよ。まぁ、細かい部分は、あれなんだろうけどなー。
作画はどうでも良い。ただ、他の問題が多いんだ。
ってか、脚本の人、殆ど最近の作品しか参加していない人なのな。
主軸に西園悟さんを呼べば良かったのに……
ってか、ウォーゲームの脚本を担当した吉田玲子さんを外したのは結構、響いてる気がする……次の2章以降に期待するしかないなー。
2015y12m24d_162831142.jpg
吉田さんの脚本、ああいう穴があるような感じの作品、やらんしなー。
後、思ったけどさ。
2015y12m24d_163358882.jpg
太一の性格改変に関しては色々と言われてるなー。
初代の、あの性格が好きだった。って人には確かに違和感しかないかもね。でも初代のころのように、あそこまで成長して考えなしの無鉄砲さを発揮しても、それこそ、あたしからすれば違和感しか無いないんだけど。
あたしからすれば、ああいう部分を考えるようになって己の勇気と改めて向き合うスタイルで行くなら、あの性格でも良い名じゃないかね?って思うんだけどね。
triのヤマトに関しては、あの無鉄砲さ、何処か昔の太一と被る部分があるね。
「昔のお前の行動があったからー」
的な台詞があったけど、そういう部分に惹かれたからこその、ああいう性格なのかねー。
そんで考えたのが太一は今のヤマトを見て、かつての自分とダブり、何かを考える存在になる?
慎重さと大胆さ、太一とヤマトは性格は入れ替わった。って意見を見たとき、あー、そういう見方もあるなーって思った。
それを狙ったなら、これからは、かつての合わせ鏡のような二人が、どうなっていくのかーってのは気になる感。
そういう部分、描いていきそう。
ってか、描かなきゃダメだと思う。
第三者から見ればデジモン同士の戦いは人にとって迷惑だ。って事は少し考えれば解るはず……
それは冒険の思い出、かけがえのないパートナーデジモン、色々とあると思います。
でも、世間はそれを知らない。まぁ、その時点で、色々と02とか見てるから違和感もあるんだけど。
ただ、あの世界だと、そういう感じなわけだからさ。
でも、世間は、そういう風にしか捉えられない。世間にとっては台風や、洪水に並ぶほどの”戦い”そのものが災害なわけですから。ヒロイックエイジの英雄たちの戦いが、そうであったように。
ヤマトが憤る気持ちも解るけど、太一の言い分が一方的に否定される。って言う、あのシーンはどうも納得いかない部分があるんだよね。
2015y12m24d_164229296.jpg
誰も悪くない……そういう考えを持ってしまうことは仕方ない。だからこそ、彼等の考えも、し方の無いことだからこそ批判されるものではない。って言うのを解ってしまったんだと思うんですよ。
だからこそ、戦いの意味等をもっと考えるべき―――って思ったけど、ヤマトの性格を察した太一の敢えて何も言わない。ってシーンがね、色々とぶつかりあった初代のころはどうなったのか。
ヤマトは、ああいうことをするスタイルでいこうとは思ったんだけど、太一の、そういう部分を見て代わった彼に対して勝手に失望してしまったんだよなー。いや、ある種、受け入れたくないから、あそこまで悪態をついてしまう。でも、心のどこかで期待しているんだよね。
結局、昔の太一の理想像を追い求めて、それを今の太一に求めているんだよね。ある種、人の成長を受け入れたくない部分が見えるんだわな。
喧嘩して解りあってきたから、これからも、そうなるだろう。って勝手に思い込んでしまった部分もあるんだわね。
でも、目の前にいるのは、自分を置いていって成長してしまった八神太一だからこそ、悔しさってのもあったんだろうと思えるんだが。
昔のままのヤマトでありながら、そういう部分を求めて、何処か自分からするとヤマトは身勝手な人間にも思えてくる。寧ろ、自分としては太一よりも、ヤマトに感情移入って言うか、そういう共感が出来なかった。
太一自体が、そういうことをしたくないんだろうけどね。
ソレをウジウジしているようにも見えてしまうけど、でも、俺は、こういうの好きなんだよなー。
triの太一達は、そういうぶつかりあいをダサいとか、面倒くさいとか、やたら人に心を打ち明けるのに抵抗がある年齢でもあるんだよね。
自分達のアイデンティティを強く持ってしまうからこそ、子供のころに比べて複雑で繊細になっていくんだわな。
triを全体的に批判する人達は、そういう太一達の心の変化や、成長が嫌だったんだろうな。って、そういう部分は見て思う。
でも、アニメのキャラとはいえ成長したらしたで心境の変化があるのは当たり前だし、あたしは好きなんだけどね。
あの時の過去での戦いがあったからこそ、そういう戦いに対する葛藤と言う物、被害に対する現実を高校生になって直面することによって新たな考えを入れるのは良いと思うんだけどね。
余計なことなんて忘れている場合では無いんだよなー。
2015y12m24d_164003478.jpg
流石に、そこまで成長したんだから、寧ろ、そこまで考えない方が自分的には違和感あるし、同時に、圧倒的な力を見たが故の勝利に対する疑問ってのもあるとは思うし。
そんな感じで、以上。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1069-adf6fe06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT