PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2012 009 conclusion GOD'S WAR

今回はアニメってわけじゃないんですけどね。
石ノ森先生の作品が仮面ライダーだけでは限らず・・・なんてこともあるんですよね。
はい。まぁ、色々とあるものなんですけどね。今回は第四のペロリンガさんに触発されて009の記事を書きたくなりました。世の中、そんなモンです。短編SSはすでに書く気もありませんので。セイントとARIAはヴィヴィオの覚醒につながるので、書かなければいけませんけどね。自分的な気持ちで。石ノ森先生の作品の中で、サイボーグ009がありますよねー・・・まぁ、この009自体の記事は前にも書いたので、今回は、まぁ色々と・・・動画だということであれですけどね。はい。基本的な知識はいろいろとあるものですよ。何を言っているのか、全くわけがわからなくなりました。
009.jpg

はい。
まぁ、色々とあるわけなんですけど、こんな作品が・・・

2012 009 conclusion GOD'S WAR

なるものがあるそうですね。はい。小説版ということで、正直・・・なんだ。読んでみたいんですよねー・・・ともあれ、サイボーグ009事態をすべて小説にしてほしいななんて思うわけですよ。うん。009が私の好きではないアニメのサザエさんと同じ時間帯にやって物なんですけどね。あたしにとっては、すごいうれしいものでした。

まぁ、その物語としては・・・1997年11月。石ノ森章太郎は病床に伏しながらも、自らの代表作『サイボーグ009』の完結編についての構想を巡らせていた。そんな彼の前に、ギルモア博士が現れた。
自分の萬画の登場人物が現実に現れたことに驚きを隠せない石ノ森。だが、ギルモアの言葉は更に彼を驚かせるものだった。萬画に登場するサイボーグ戦士たちは本来は21世紀の人間であり、彼等の戦いを001 / イワンがテレパシーで過去の石ノ森に伝え、それを基に描かれたのが萬画『サイボーグ009』だというのだ。そして彼自身も、2011年の世界からイワンの超能力でタイムスリップしてきたという。
さらにギルモアは、戦いを終えて各自の生活に戻ったサイボーグ戦士たちが、それぞれ「神」の存在を匂わせる事件に遭遇していると語る。それは彼等にとって最後となる戦いの予兆であろう、そしてそのヒントとなるのが、これから描かれるはずの完結編だというのだが…そこでギルモアは言葉を濁し、「ハッピーエンドを頼む」と言い残して去っていった。
石ノ森はギルモアの態度から自分の死期を悟り、完結編の完成を急ぐ。そのタイトルが…
『2012 009 conclusion GOD'S WAR』
果たしてサイボーグ戦士たちが遭遇した事件とは。そして、彼等を待ち受ける最後の戦いとは…?
とのことだそうです。
なんというか・・・本当に、こういうことがあるんでしょうね。ギルモア博士が目の前に現れるってことは・・・手塚先生も似たようなことが有ったような気がします。はい。はい。どっかから聞いた話なんですけどね。
もともと、この作品なんですけど、『サイボーグ009』の完結編としては、過去に、「冒険王」1969年2月号~6月号に連載された『天使編』、「COM」1969年10月号~1970年12月号に連載された『神々との戦い編』が発表されていたそうなんですよね。いずれも未完に終わっている。自らのライフワークとなった『009』の完結は石ノ森にとって「是が非でも成し遂げねばならないこと」だったそうです。
まだ、読んだことは無いんですけど・・・登場人物に石ノ森先生が出てくるそうですよ。私としては、そういうものが、大好きなんですよね。本来、登場しない作者が作品に登場するという作品が、好きなんですよね。一応、2001年版の・・・009で描かれて3話終わったんですよ。
その続きが気になってたんですよね。
今度、見つけて買おうかと思います。
さて、今回の動画は、平成版009のOPです。意外と長いんですよね。八分くらいあります。

| アニメ | 14:14 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

石ノ森章太郎さんも手塚治虫さんも死に寸前まで漫画を描きたいと思っていたからこそ自分の漫画のキャラの気持ちがわかるようになったのでしょうね。

石ノ森章太郎さんは原作かどうかは覚えていませんが、彼がサイボーグ009にサンジェルマン伯爵を登場させる際に石ノ森章太郎のもとにサンジェルマン伯爵が来た漫画がサイボーグ009のおまけとしてありましたね。あと仮面ライダーや解決ズバットにもゲスト出演したことがありましたね。

| 第4のペロリンガ | 2008/05/31 11:37 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://civer.blog122.fc2.com/tb.php/1062-d8decc98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT