| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

騎士の私と悪魔の取引 百合の口付け

71B8jKeCkqL.jpg
騎士であるサリアは、
人々に害をなす悪魔を狩ることで名を上げようと一念発起。
しかし下手を打って逆に悪魔であるアーニャに助けられてしまう。
彼女に恩を返す為、一緒に暮らし始めるサリアだが、
相手のことを知り、身体を重ねると胸の高鳴りが止まらなくなって……。

そんな感じで、先月の末に発売された、こちらの紹介です。
シンプルな感じのストーリーで王道の要素を百合に変換した感じ。前作の、荒尾市先生と同じタイプかな。
騎士と悪魔の百合という特異な組み合わせに惹かれる。人と悪魔という根本が違う関係故の感情がメイン。前作の「百合の騎士と薔薇の姫」と世界が地続きで間接的に彼女たちの活躍が描かれているのも特徴。ただややテンプレ展開なのが残念…展開が、ちょっと読みやすくなっちゃってるのが逆に残念と取るか、読みやすいと取るかは読者の考え次第というか、そういう部分なんですよねー。これ。
ただ、設定的に大好きな百合の騎士と薔薇の姫の50年後の世界って言うのが良いね。まだ、生きているのかもしれないし、二人が作中で作ったケーキが街の名物になっていたりする設定とか、結構個人的にはほっこりして嬉しかったなー。こっちの主役の名前が街の名前になっていたりとかね。
良い感じに地続きの世界―。
上田ながの先生の「百合の騎士と薔薇の姫」の約50年後の世界が「騎士の私と悪魔の取引‐百合の口付け‐」と、そういう部分を明確に感じる描写が個人的に気に入ってたりする今回の話。
あらおし悠先生の描く百合ドルの世界も実は世界観が共有されてたら、それはそれで楽しみだしやってほしい感じで。
ただ、そういう部分はあるんだけど、ちと読みやすい展開で、そろそろ修羅場的な展開が来るなーって思ったら、本当に来るしで、唐突に悪魔退治の人間が本筋にあまり絡まないのに唐突に、出てくるのは、まぁ、多少の伏線があったとはいえ、うーん……ってなったりする。
と、ここまで言うと非常につまらない物語に思われそうだけど、そうでもないです。面白いんですよ。
メインの二人の関係に対してはですね。悪魔と人間故の寿命の問題からくる二人の関係性のはかなさを取り扱ったのは個人的に良かったんです。
ただ、主役のサリアとアーニャの絡みは凄い好きです。
そこに至る二人の心情描写は王道だけど凄い良かった。王道の使い方を理解している人なんだな。って言うのは感じましたね。
読みやすい展開ではあるけど、そこを除けば、割と感情移入しやすい仕組みにはなっているのかなと。
そういう、シンプルな展開には思いましたね。
ただ、そこを敢えて、二人の関係性の発展とこれからに対して描くのは良かったのよ。ただ、主人公の最初の部分で貴族に生まれたことに対する苦しみみたいなのがあったけど、それがあまり効果を成してない部分が、それなりに響いてきました。まぁ、イチャイチャ重視だから関係ないんだけどね。
ただ、それを除いても悪魔と人だから……とか、寿命が違うから……
とか、でも、そういう部分があっても、私達は一緒にいたい。
とかね。
そういう意味で、エピローグを見ると、お話としては良くまとまっていると思いますし、そこは良かったです。悪魔と人間という、そういう辛みの無い存在の百合漫画とかないしね。
そして、悪魔故に。
人ゆえに。
そこが上手く取り扱われているのが面白さを良い感じに引き立ててる。
そうそう最近、読み返してて思うけど二次元ドリーム文庫の百合物件はソフトなレズセックスが多い感(=ω=)
二次元ドリーム文庫らしさ、キルタイムコミュニケーションらしさのあるハードで激し目なレズセックスを入れても良いんじゃね?とか読んでいて、そういうことを思いました(つ=ω=)つ
002_201612241714523bf.jpg
後、同じ会社で百合妊娠とかやってるし、文庫の方にも取り入れてほしいって部分も強かったなー(・ω・)
だから、この作品にも取り入れて寿命で死別したサリアとの証としてサリアに己の子を悪魔の力で妊娠させて……っていう、アーニャの、そういう部分を見せても良かったのではなかろうか?とか、思った。
まぁ、不満も、それなりに会ったけどお勧めしたい一冊です。

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百合ドルミッション! ライバル解散ハニートラップ

71YkdU2V56L_201704011205085a6.jpg
歩の所属するアイドルチーム「エンブレイス」には、
後輩ユニット「ピュアリーリップ」の急激な人気上昇という不安要素が。
その後輩ユニットを解散させる指令を受け、歩は電撃移籍。
悪評を作ろうと奮闘するも、生来の人の良さ&百合好みする身体が邪魔をする!

男がレギュラーで出てこない百合作品の一つの到達点かも。
そういう意味で、男が出ない百合作品の中でも、結構、サクサク読めて面白かったんだよなー。
そういう感じで、アイドル専門のお話ですね。あらおし悠先生と言えば、アイドル。それも、今回はグラドルではなく普通の歌って踊ってなタイプのアイドルの百合です。デレマスとか、そういうやつの中で行われるーって感じと見ていただければと思いますね。
本来、女同士の関係に、あそこまで男が絡んでくるのはないーなんてのは、リアルなレズビアンの友人がいてですね。百合姫の漫画が非常に嫌いなんですってw
それで、あの、二次元ドリーム文庫の百合本は非常に好きで、その中でも一番好きなのが、この話なんだそうです。まぁ、色んな人がいる中で、私の友人のように男はモブ程度って言うのもいれば絡んでくる人もいるんだろうなーって、そういうことを思います。
んで、その中で、これはもう悪役としての男も出てきません。
それでいて、それらの作品以上に面白いんですよ。
私の中ではね。
そういう感じで、あの、アイドル人気に陰りや、テコ入れ、そういうものが蠢く中で主役の真ん中の子が別のアイドルグループに移籍されてしまう。
しかし、本来いたグループには交際している憧れのお姉さまがいて、離れ離れになってしまうわけでね。そういう部分、実に百合っぽくていいよね。
そこで、移籍するアイドルを潰すべくお姉さまが無茶をさせてしまうという、この展開ね。主人公はお姉さまが大好きすぎて、更に肉体関係まで持っていたり。
それでいて、シビアな部分を持ち合わせているからこそ、主人公も惹かれていくのです。良くある、大人で達観したお姉さまと、そういう描写が如実に伝わりながら、叶えることの出来ない罪悪感に囚われて良く描写とか良いですね。そして、主人公の歩もね、一緒にいるうちに、両サイドの幼女の心の内が解ってきてしまって主人公が悪だくみとかできない、非常に良い子で、徐々に……!って思いながら、お姉さまの思いもあるしで。
良い子すぎて!
やることが全部、裏目に出て両サイドにいる二人の幼女に襲われてしまうという、逆レズレイプされてしまうとwwwそこが、非常に面白いなーって。
そして、板挟みになって良く辛さや、些細な一言でアイドルを……
一途に必死に頑張りながらも翻弄されて行く女の子と言えば、アイドルマスターシンデレラガールズの卯月とか、そういう子を思い浮かべちゃいますね。
ああいう個がねー……
と、そういう感じになるんだよね。
非常にいい子なのが良いんだよね。
んで、ここまでの盛り上がりに、全く、男が出てこないのも見事。
ヴァルキリードライヴを見ているような、そういう気分ですね。
ちょっと、お姉さまもきついことをやらせるなーって思ったけど、ちょっと自分の為にーって言う、傲慢さを後悔したりね。ただ、最終的に、お姉さまも交えた4人でイチャイチャちゅっちゅ……するわけでないラストも良いですw
個人的に、あれはあれで、この作品らしさがあって良いですよね。
結局、乱す子ではなく調和をもたらす子であると、そういうことを思います。
そういう酷な部分から様々な人間たちが織り成す人間模様の面白さというのは、百合ならではなんだろうなーって。男女になると、なんか、そこが中身の無い少女漫画とかハーレム漫画のようになってしまうし。
敢えて、こういう部分になったのは、怪我の功名というのかなーって。
やっぱり、百合って素晴らしい!
此処に落ち着くわけでございます。
しかし、幼女に襲われる巨乳美少女って、こうも強いか!と。こういうレズセックス、凄い!みたいな感じにもなってしまったわけでござ‐マス。
心身ともに、彼女たちに与えられる快楽にも染まりつつ、お姉さまにも抱かれたりして、そんな二律背反が見ていてにやにやしたりする。
それが良い。
そうじゃないと、いけない。
だから、こう男という要素を排除してうまく他の設定を使って物語に深みを与えているという、こういう設定が見事だなーって感慨深いため息が出ますよ。
下手に男を出す作品よりも見事に、それをやっているんだよ。これ。
少女一人のアイドルとしての重みが、そうさせるという、このスタイルね。そこにあるのは、男という存在に対する葛藤は古いんだな。って言うのをね。
改めて感じ取りました。
傑作のひとつです。

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百合舞うオアシス ルルと美姫と宝石の魔女

61WR9xoQRjL.jpg

砂漠舞台の百合ストーリー!
娼館の使用人として働いていたルルは、
客を取れと求められ、怖くなって逃げ出してしまう。
砂漠に倒れた彼女を救ったのは、
砂漠の国の姫ファイルーズ。
さらに宝石の中から現れた魔女アーシャに
初めての快感を味わわされ、ルルは百合花を咲かせ始める。

主人公は娼婦にされそうだった世間知らずの女の子……怖くて逃げちゃうような、そういう存在です。でも、その愛情に触れ……って感じで、あらおし悠先生の百合本でござ‐マスね。
しかも、ファンタジーの!!
とはいえ、色々と言われた、この感じ。
さて、まぁ、ファンタジーではあるけど、前に紹介したのとまるっきり違ったりするタイプの、あっちが中世の騎士系だとするなら、こっちはアラビアン系の奴。とはいえ、あの、お姫様が無謀に主人公の女の子を独りで助けに行くシーンは突っ込みどころしか無いんですけどね(・ω・)一人でとか無謀過ぎるやろ(・ω・)そんな中で、宝石の中に封印されていた魔女の存在、そんな三人が織りなす百合模様。
レズビアンだった魔女、レズビアンになっていく少女、レズビアンになっちゃった姫
と、こういう感じで非常に美味しい。
また、こういう作品特有のよさとかが出てるのが非常に良いですね。
ついでに、ネタバレしておくので、ここは白で伏せておきますが。
主人公の女の子がいる娼婦の施設というのはレズビアン専用です。レズビアン専用の女性専用の娼婦施設として逃げ出すという、そういう話から始まるのですよ。そういう部分でも読んでいて非常に安心ですね。それで、実は周りの娼婦の人たちも、そこの主人も実は本当は誰よりも心配していたという、その文章が非常にほっこりします。出来れば、この施設をスピンオフでやってほしいと思うくらいには。
んで、そこの人たちの愛情を初めて肌で感じ取る、そのシーンが個人的には大好きなんですねー。
ちゃんと、そういうところの和解を入れて、一つのきっかけに、彼女たちが関わっているのが個人的には非常に好きですね。そういう丁寧な感じの作り方が非常に好感を持てます。
何気に、魔女のツンデレっぷりとか良いですしね(・ω・)
レズツンデレって良いですよー(・ω・)
後、巨乳二人にはさまれる少女という、百合構図は個人的に非常に好きです(・ω・)
まぁ、最初に好きになってしまった姫の純潔を魔女の願いによって叶えてしまい……とか、そういう部分も良いよね。そして、秘められた魔女の過去。
もとより、彼女のひょうひょうとした部分は、その寂しさから生まれるものである。と、言うのもまた可愛いのです。
姫様も初心だから、最初はアレだったけどね。
でも、もう染められてから……
純潔を奪われてから……
そういうシステムが良いです。
そうして、三人で旅をしていくうちにひかれあう三人の恋模様。様々な事件あり……弱気な少女が、一つの事件をきっかけに始まる三人の恋模様は見ていて心地よいです。
そして、最終的に、この三人は百合婚します。
比喩でも何でもなく、この三人は結婚しますw
そして、世継ぎの問題は、そこは魔女が頑張って見つけるから、それまで我慢しておけという、漢字になっていくんですね。最後に、貝合わせの部分があったから、そこからヒントを得ていくのかなー?とか思いつつ、心をホクホクさせたまま、終わらせていくのですよ。
はい。
いやぁ、非常に、此れも素晴らしい百合本でございました。
また、ファンタジー百合物やってほしいよね。
こういうファンタジー百合って少ないんだよ。そういう痒い所に手が届く百合本をつくってくれるの本当にありがたいから、またやってほしいですね。

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百合色コーディネート ふたりのキス模様

71jiFm_4vPL.jpg
そんな感じで、あらおし悠先生の一作品。
ファッションデザイナーを夢見る夏希と、
現役モデルの茉友。
学園生活で出会い、お互いの目標を知って交友を深める二人は、
相手への好意が膨らむにつれて
キスしたい想いを止められなくなって!
キスとラブいっぱいで過ごす甘酸っぱい時間!

とりあえず、特徴としてはキスからレズセックスまでの時間が長いですね。一冊の半分を読んでから、やっとレズセックスに本格的に入りますから。
所謂、夢とか、それに対する現実の軋轢、そして素直になれずとも、いつの間にか……な、モデルな少女。そんな感じで呼んでいて思ったんですけどねー。
明かに伏線になりそうな描写が、そうそう強く周りとの友情を拗らせるとか、あまり強く作用していない部分を感じてしまったのを覚えてるなーって。
まぁ、それが良いか悪いかって言うと、そういうわけでもないんだけど。ただ、前の学園百合ストーリーズのように、奇抜さが無い、まっすぐな純情さしかないからこその限界に近いモノを、この作品にも感じてしまった気がする。女同士のキャッキャウフフは好きなんだけどね。
ってか、レズセックスの描写が二次元ドリーム文庫の作品っぽくないのが、このレーベルにおける弱点であると思う。もうちょい、女同士でハード展開も出来るのではなかろうか。とか、そういうことを思ったりする。
何処までも王道という部分においては安心して読めるんだけどね。
まぁ、セックスを、そこまで求めてねーよ!
って人には、これくらいがちょうどいいのかもね。
ゆっくり、恋人同士が出来上がる過程を描いているような、そういう部分も見ていてもどかしくて好きだったりはしますけどね。自慰シーンがあり、そこから意識を―って感じの、ゆっくり具合は、そういう意味では丁寧に作用しているのが良いポイントだとも思ってます。
そこに、随所に、まぁ、絡みは少ないけど恋人になる彼女を思ってー
って部分は、若いなー。
純情だなーって。
にやけたりする。
ただ、やっぱり、二次元ドリーム文庫らしさは足りないけどね。
もうちょい、そういう味を出しても文句は無いんじゃなかろうか。
って、レーベルの良さを出しても良かったよね。
ただ、最後の最後で結婚を示唆するような、そういう描写、二人の未来の明るさを掲示して終わるのは良かったなーって、思いました。
やっぱり、この二次元ドリーム文庫における百合カプの幸せを優先する、その先に対する不幸は多少のスパイス程度って言うのも、良い処であるとは思う。
今回も、そういう部分は良い感じに作用していたから、ある意味、ライト層向けの良さも充実していたのは良いかな。って、思えば、百合本初心者用の一冊にお勧めしたい。

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

百合の騎士と薔薇の姫

百合騎士

ファンタジー舞台の百合展開が登場!
仕えている姫・アスハが政略結婚を受け入れることを、
苦しい思いで見つめる近衛騎士のレイナ。
しかし2人きりになったとき、
「結婚前に普通の恋愛をしたい、相手をして」と告げられる。
最初は恋愛ごっこだったのに……
それは忠誠から相愛へと形を変える。

そういう感じで、ファンタジーだからこそうまく生きる上田ながの先生って言う感じで、この作品が凄い好きですね。上田ながの先生の百合作品の中で。
騎士と姫という、ファンタジー特有の王道さというのが見事に活かされた一本です。主従という垣根を超えて恋人ごっこから、本当に恋人同士、相思相愛になってくる。王族と従者、それを邪魔するように蔓延るような貴族の影と、そういう部分からドキドキさせる展開から、女同士は幸せに!
そして、相思相愛に!!
と、そういう感じ、これは、そういう部分の強さから、二次元ドリーム文庫らしさが欲しいとか、そういう部分は全く感じなかった一冊ですね。
忠誠から愛に変わる瞬間。
そこに行きつくための悪役の男がちょいちょい出てくるんだけど、そのちょいちょい具合が非常に二人を盛り上げてしまうという、そういうスタイル。あの、捏造トラップみたいにアホ見たいに絡んでくるわけでは無いから、そういう部分でもすごい描写的にはありがたいというところも多いのではなかろうか。ってなりますね。
テンプレ通りに悪役なんですけどねwただ、テンプレ通りで、出番が少ないから、凄い丁度良い。で、そこに女同士やら、王族と従者の差という部分に苦しみながら愛を掴み取る。
それが非常に良いのです。主役の騎士の方の親父も、最初はあれかなー?って思うんだけど、最後の最後のシーンで凄いかっこいいのもポイントですね。これ。見事に男という悪役が本人も良きシテかどうかは解らないけど、いい感じに作用したパターンであるとも思いますね。所謂、悪役的な男を、どう出すかで作品の良しあしって変わるんですよね。この作品の場合は良いですし、逆に捏造トラップのようにネチネチと絡むような感じになれば読者のヘイトを溜めかねない訳でもある訳ですよ。似たような悪役であろうとも、こういうちょいちょい感で出ればいいのかもなーってなるね。
二次元ドリーム文庫は、そういう部分が非常に上手く描いていると思います。手際が非常に絶妙な感じだよね。
コダマナオコ作品って、ああいう事をやりすぎると、正直、不快でしかないんだよね。それで、私可哀想オーラを出す独白!みたいな、ああいう部分、本当、面倒くさい女だなーって思うし、大体、エンターテイメントとしても読んでて面白くねーし。
だから、あの人の作品ってポスト青い花やポスト神無月の巫女を狙ってる節が見え見えなんだけど、この二つの作品を理解していないから、全く、男には不快感しか抱けないという、しかも、作品に対して百合としての良さを感じないという部分がデカい。だから、コダマナオコは男を出さない百合を描いていた時期があるんだけど、それが良かった思い出。
そういう悪役的な男が出てくる中で、この作品は非常に良い作品でした。
ようは塩梅の問題なんだよね。
借りにレガリアがあるとするけど、あは諸に絡んでくる悪役は出るけど、別に百合カプに対してケイイングリッドの邪魔をしたけど、こう、そういう性的な欲求は無かったわけじゃないですか。許せないし、殺すべきだけど、そこが、ある意味、こう百合カプの間に交じってーとは、違う、そういう感じ。
んで、この作品の場合は、そういう混じってーみたいな部分とか、まぁ、色々とあるんだけど、その不快感を消すためにどうするかというのが単純に出番を削り、二人の幸せな時間を描くことでカタルシスを生み出す。
そこがツボで味噌であると思うのよ。
既に、二人の少女が幸せになるというベクトルの元作られている、このレーベルの中で一番いい形に終わったような、そういう気がしますね。
最後も最後で幸せになってね。
互いの処女を捧げあうシーンとか、本当に好き。
ああいう感じで、幸せになる王族と騎士というね。
忠誠の時代背景をもとに、こういう世界を生み出すのは非常にほっこりしてよいと思いましたね。
そういう感じで、お勧めです!

| 二次元ドリーム文庫・百合物 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT