| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

GARO -VERSUS ROAD- #12


さて最終回。
本家の魔戒騎士にゲームを生き残っただけのクオンが勝てるわけなく、それこそ、フルボッコにされとる。さて、ハギリさん、例の体験を通して、世界を作り直すことを決めていたのは語られた通りですが、
しかし、ハギリが語った差別や虐殺など、実は、その首謀者になっている自分が同じ存在になっていると言うことには気づいているのかな。あのゲーム自体が、そういうものになってしまっているということに気づいているんですかね。
往々にして人間っていうのは、いざ、自分がする立場になると気づかないものになっている。そういう生物だったりします。
そんな、ハギリ、クオンに対してよく似ている……とは言いますが、それはあくまでも過去であって、現在ではないというね。ある種、クオンが悪い意味で影響を受けすぎたらハギリになってしまうのかもしれない。
それこそ、ウルトラマンジードとベリアルのような、そういう関係に近いような気がします。
もとより、牙狼から生まれたベイルの関係とかいろいろと考えると、そういうのもあるのかもしれない。ベリアルも、元は正義のウルトラマンですからね。
そこ行くと、ベイルは、元は正義の牙狼の鎧から生まれた邪悪な存在ですし。やっぱり、あの関係を見ると、この二人の違いっていうのは、ベリアルとリクにもよく似てるんですよね。
ジードと言う存在が王道で進化したベリアルであるように。
同時に、そこ行くと、魔戒騎士ゆえの孤立しやすい世界ゆえに起こりうる可能性と言うもの、魔戒騎士の負の部分と言うのを再度、描いてきた存在なのかもしれない。
そして、ハギリが牙狼の鎧に選ばれなかったのは、牙狼に選ばれたいがゆえに、ゲームのルールに実直でありすぎたことが原因なのかもしれない。
クオンはルールに反逆して、最後までアモンを殺さなかった。
思えば、クオンは誰も殺してないんです。
殺そうとして踏み止まったら……ってなことになったり。
己の欲望に溺れなかったりと、思えば、それは真なる黄金騎士になる者たちが歩んできた、そして、持ち合わせてきた高潔さでもあるのです。
そして、すでに虐殺を行ってしまった時点で、ハギリは牙狼どころか、守りし者でもなんでもなかったんです。
クオンは牙狼になることを択ばずに去り……

そして、何気に……・
アザミは生きたまま、この物語は終わりを告げるのな……・まぁ、そうなるだろうなーとは思ったけど、どうするんだろうね。思えば、神ノ牙の方も実は完結していなかったりするのでw
いずれ、やるのかな。
来年あたり……
しかし、終われば虚無が残るだけのデスゲーム。
思えば、デスゲームと言うのは、そういうものなのかもしれません。
デスゲームの後は、絶対的な幸福ではなく、圧倒的な後悔。そういう人生の中で自分と出会ってきた命を懸けて戦った者たちのために、クオンはこれから生きる運命を選択する。
大丈夫かね?
いや、まじで。
牙狼VR、見終わったけど全体的に本当に楽しかった。
毎回、伏線や気になる要素をばら撒きつつ徐々に点と点が線になっていく物語の形式、作中で語られた受け継がれる命とメッセージ性は本当に従来の牙狼そのものだった。
形を変えた牙狼らしさはちゃんと受け継がれてた。
これは牙狼。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARO-VERSUS ROAD- #11「LAST STAGE」


南雲さん、もう、これ精神、書き換えられてない?性質もいろいろと変わっているし、やっぱり、あの時、シュカにやられたんだろうなー。って思わずにはいられないよ。
しばしば、生き残った者たちにしかわからない共有財産的なものって、こういうのあると思うんですよね。
南雲とクオンとか、そうなるとは思わなかったもん。
南雲は、最初、スッゲー嫌な奴な部分合ったけど、理解してから、今までと同じではいけない、ある種、彼の最初にやらかしてしまった命に対する贖罪、ようは、クオンの星合に対する感情と似ているんですよね。ただ、彼の場合は、まさか、こうなるとは思っていなかった。それでいて自分の欲求で殺してしまった者たちに対する償いの心っていうのが出てきてしまったのかもしれない。
こういう極限の場所における……
善人になる部分は、ある種、人の本性と言うのが出るのかもしれない。目の前の死を理解することで初めて自分と言う人間を見つめ直し、どうするべきなのか。
それを考える一つのきっかけと言うのは、実は当たり前のものなのかもしれない。余命宣告された人が、志を意識すると色々と静かになったり、自棄になったりする人とかいるのって、そう言うことだと思うんですよね。
ある種、それが「死」がもたらす福音と言うのであれば、それはそう言うことなのだろうと思う。
貴音は、貴音で、もうフルボッコや市。骨を折られたし。血をドバーするしで、容赦ネーナ(・ω・)……ってか、貴音ことタケシ、親にまで望まれていなかった子供で、しかも、いじめを受けて、人生の存在そのものがハードモードと言うか、そういう感じがしないでもない。妙に、あいつに親近感のようなものを沸くことがあったんだけど、「あ、そういう部分か。」っていうのはやっぱり思ったりはする。タケシではなく、貴音としての生きた証が彼の存在意義、そのものだったんだなーと。彼にとって、タケシと言う名前っていうのは、存在、そのものが忌むべき存在。
あのぬいぐるみ自体が、過去の自分であり、でも、貴音になりきれない、彼の一種の弱さ、それでいて、同時に、母親に愛されたかった自分の本心でもあったのだろうと思えて来る。
大事なものが失われてから気づくもの。
デスゲームでありつつ、この作品のメッセージは「死」と言うものを考えさせるものになっているのかもしれない。
それが、死を通して思いを受け継ぎ、力に帰る魔戒騎士の物語であった牙狼だからこそできること。
相手を斬る瞬間に、この歌詞の意味を知ると結構、ヤバい意味深な感じと熱いものあるね。
毎週、なんやかんやですっごい楽しみな話だったからさ。なんやかんやで最初から見直すと、実は、物凄い牙狼らしい話でもあるという。
ああいう極限状態に追い込まれる状況の中で今まで何も接点が無かった者たち同士が、探り合いをする中で自然と友情が芽生えてしまうような感覚っていうのは賛否両論な感じはするけど、ああいう状況を共有できるが故のどうにもならない感情っていうのは交わざるを得ないのかもしれない。
マジモンのデスゲームと言う極限環境の中で生まれてしまう経験した者たちにしかわからない共有される危機感や、感情と言うのは輝かしさと儚さと残酷さが混沌として混ざり合ってるね。
ついでに、あのゴーグル、かぶらなければ良くね?て話だけどシュカがかけたくなる魔術をかけているらしい。
来週、最終回だけど、どうなんだろ。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARO-VERSUS ROAD- #8「黄金の輝きの意味」



はよ、魔剣で倒せ(・ω・)
99.9秒の制約があるんじゃよ(・ω・)とか思いながら、とうとう、剣を握りましたね。相手は牙狼の鎧を自分のものにする為に邪気を溜めているんですかね。
なんか、そうなら納得する。どこからか、牙狼の鎧を得てしまったのかね。
盗んだって説が正しいけど、希望を象徴する鎧をホラーのものにしたら、最高峰の鎧を、最悪の敵であるホラーが得てしまったのなら、それは、それで地獄ですよ。
なんか、そう言うことを思いました。
さて、ほら、もう、半グレリーダーとして恰好をつけるからさ……・魔剣に心を支配されちゃったよ。ああいうところが、考え無しの若者感って部分があるよね。
生き残るのは、クオン、ワイチューバー、タカネ、そして、もう一人の主役か。日向は、なぜ、このゲームに参加したのか。こいつのバックボーンって結構、謎なのよな。こいつも、こいつで目的があったようなのに。それとも、単なる快楽殺人者でしかなかったというのか。色々と解らないままで終わってしまった。
さて、まぁ、クオンが……
魔剣を取って、倒したのは良いんですが。
それと同時に、金色の牙狼シリーズではおなじみの、あの輝きを放つと同時に、それを見て……
宵刹がかつて魔戒騎士だった記憶を思い出した様子。
……あんた、騎士だったの!?っていうか、人間だったの!?
ホラーに身体を奪われた騎士かなんかだと思ってたからさー。
まさか、まだ人間だったの!?って言うことに驚いた(つ=ω=)つ
いや、もう、ホラーかもしれないけど。
てっきり、もう、ジンガのような存在だと思っていたので。いや、まだ、ホラーではあるんだろうけど、うーん、それが解るのも次回か。
どうせ、黄金騎士の鎧を得るために、殺し合いしたんだろうなー……
とか思う。
そう考えると、来週の物語である程度のヒントと言うか答えは出ると思うね。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARO-VERSUS ROAD- #7「残すは四人」


やっぱりVRの向こうの世界って魔界だよね。
1クールドラマなのに、良く、ここまで魅了するドラマを描けるよ。
いや、まじで。
さて、まぁ、牙狼は、この世界にいないというスタイルだそうな。
書き込んだのは誰なんだろうね……
魔戒法師とか、そう言うのがいそうな気がしないでもないけど。もしかすれば、そう言うのがいないのかもしれないけど。しかし、謎が、この小出しする謎感は、本当に牙狼シリーズだなーと。
やきもきさせますよ(=ω=)
先週が、本来、今日やる話だったからねw特別総集編をやられると、すっごいウズウズする。この感触ね。なんというか、星合がいなくなってしまったこと、死んでしまったことで、色々と感じるところはあるようだけど、あの半グレ二人は良く、そこまで割り切れるというかなんというか、まぁ、若者の向こう見ず館と言えば、それまでだけど。
YOUTUVERの彼も、流石に、自分の策略とはいえ、人二人を殺してしまえば、そりゃ、ああいう反応になるけど、どこか、あのゲームに酔っているようにも見える。
他者の命を犠牲にしてまで変わりたい存在もいると……
そして、今回のゲーム、生き残ることができる人数は四人。
結構、ヤバいよね・

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GARO-VERSUS ROAD- #6「え、まじで……?」


戦わなければ生き残れない。
ある意味、仮面ライダー龍騎以上に過酷よね。
ってか、爆発する時に出る炎って烈火炎装の炎だよね。あれ。
さて、まぁ、終わることのないですゲームですわね。いやはや、しかし、確実に死ぬのはやばいよねぇ。何かを得るために、もう、何でもやっちゃう。
しかも真実をしてしまったからにはやるしかない。
しかも、相手サイドは、そう言う人に対する負の感情を増幅させるということができるチート能力……とはいえ、これ、ホラーにとっては当たり前なんだよね。
さて、まぁ、そういう中でね。
ホシアイとクオンが……
敵の術中にはまってしまうという状況の中でホシアイがホラーになってしまうという現状がなんというか、あぁ、牙狼だなーと。牙狼とは、こういうものだよなーと思っちゃいますね。
しかし、ああいう感じで、レギュラーだと思っていたキャラ、メインキャラで一番最初に脱落するとは思わなかった。思えば、彼が、こうなるとは思わなかった部分はあるよね。いや、そう言うフラグはあるけどレギュラーだしなー……っていう、処も結構、会ったりして、思えば、こうなっていたという。
ああいう直接的なフラグを牙狼でやるのは、やはり、こういう世界だからになるのか。
また、彼が暴力をふるう理由は自衛とクオンの為と言う部分もでかいのな。
さて、まぁ、ホラーの魔の手にかかって見事にお亡くなりになってしまったれぎゅらーレギュラーキャラ・……
どうなることやら。
次回、牙狼特有の・・…

特別編!


いや、1クールでやらなくても良くね?( ・ω)

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT