| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

牙狼-VANISHING LINE-

2018y03m31d_001259522.jpg2018y03m31d_001322665.jpg
ラスボスをナイトにするにしても、個人的には、どうも弱すぎた。って思うんですよね。強さとかじゃなくて、関係性が。ソードの妹であるリジーを殺したのがナイトだったらよかったんだけど。いずれにしても、主人公をやる筈の枠が、これで行くなら、ルークの方がよかったのではなかろうか?とか。
そういう父殺しを為す黄金騎士としての物語としていくならね。
暗黒騎士だし、何か、ソードと関係あるのかと思いきや、あれだしね。
正直言っちゃうと酷いんだけど、ちんけな因縁だったのでね。
ルークとないとの因縁の方がデカすぎて、正直、ソードとナイトの関係が、余り、ぱっとしなさすぎるんですよね。ついでに、ナイトが暗黒騎士になった理由も、まぁ、正直、呀ことバラゴを似せたような感じもするけど、その、バラゴほどの魅力も、そこにな―って感じだったしね。
そこにある、バックボーンが弱いだよね。
VLは面白いっちゃ面白いんだけど、一部のキャラのバックボーンの物足りなさが、物足りなくさせてしまったというか、そういう感じがします。
ソフィと兄の関係というのは、やっぱり、良く描かれていたとは思いますけどね。
いっそのこと、ルークを騎士にしてナイトを倒す。
そして、ソードはソフィの代わりにキングに乗っ取られた兄ちゃんを殺すというかね、そういう介錯を行う。
こういう感じで良かったのではなかろうか?と、そう言うことを思いますね。
2018y03m31d_000958520.jpg2018y03m31d_001015533.jpg
だから、そぷいう関係性って言うのは、やっぱり、炎の刻印がよく出来てたよね。アニメ牙狼で足りないのは、そういう繊細な感じの人間関係の集合が出来ていないような、そういう感じがします。
と、改めて見ていて思いました。
まぁ、それでも、半年間、楽しめたといえばさ。
楽しめたほうなんだけどね。
そういう感じで、まぁ、佳作というか、そういう感じもしましたが、楽しかったです。
お疲れさまでした。
BGMの関係とか、ソフィとソードの関係とか、そういうのも面白かったから良いんだけど、やっぱり、色々と思うところがあった。作品として良い処があるときって、余計に悪い処も目立っちゃうからね(つ=ω=)つ

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牙狼<GARO>-VANISHING LINE-第22話「YU LIGHT」

2018y02m17d_010101728.jpg
そういう感じで、黄金騎士はやはり希望となるために立ち上がる。VLは、その牙狼における根幹で成立しているわけで。今回は、ちゃんと、悪役にドラマを挿入しているのは良いんだけどさ。
ルークとか、ビショップとか、そこら辺、足りないよね。
とか思ったり―……
まぁ、描かれるんであろうとは思うんだけどね。そういう意味では、炎の刻印がやはりアニメでは一番よく出来ていたような気がするんだけど、これも、後、3話やろ?どうなるんやろ。とか思いながら、まぁ、ソードのドラマはちゃんとできてるし、そういう意味では良いんだけどね。
ソードが、何故、ああいう風に形成されて行ったのか。
そのドラマ、妹との出来事という事で、兄と妹の関係と言うのが主軸になっているからこそ、これは、これで良いとは思う。後は好みの問題につながっていくんだろうけどね。
しかし、ホラーになっちまったお兄ちゃん。
殺す……
覚悟はあったとしても、やっぱり、ホラーにしてしまった責任を感じてしまうソフィの責任という重荷はやっぱりあると思うね。ホラーになる前に人として殺したかったソフィの気持ちと言うのは計り知れないものがあります。
同情するしかないですよ……
そこで、引導を渡すのはソード!
って言うのが、やっぱり、王道だけど良いドラマだと思いますよ。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『牙狼〈GARO〉 -VANISHING LINE-』第20話「UTOPIA」

2018y02m17d_010101728.jpg
再会を果たしたソフィと兄マーティン。時を同じくしてソードもまた、妹のリジ―と再会する。流れた時間を埋めようと想いを語るマーティン。自身が何のためにエルドネットシステムを作ったのか、それは全てソフィの為だと。あまりに純粋すぎる言葉を聞けば聞く程、その構築の為に犠牲になった人々の影がよぎるソフィ。そして、ソフィはある決断をする。
さて、まあ、ようやく、お兄さんやら妹さんやら二人にとって大事な身内と出会えたわけですがー
でも、これが記載されているころには、もう終盤になっていろいろとさー。あるような気がしてですね。気づけば今期の百合作品の多さに全部、追ってしまったことによる辛さがですね……・
いや、これでも、作品は厳選してるけど。
だって、今期、百合アニメが10本ほどあったし……
いや、終盤なんだけどさ。
これ、上がるの、実際の放映日から二週間後なんですよね。
なんでかって、俺が知りたいくらいに、なぜか記事が増えたんだけどね?
そんな感じでシステム完成はすべてソフィのためだそうですが、しかし、そこにあるのが、エルドラドのシステム、そのものだと思うと、やっぱり、思うところはそれなりにある。
いわゆる、仮面ライダー龍騎にある身内の一人が大切な人のために異様なこと、犠牲をモノとも思わず純粋な部分を前に出すというのは歪なものがあります。
神崎士郎と同じような感じがするんですよね。
ましてや、ソフィは、このシステムのせいで生まれてしまった犠牲を多く見てきてしまったからこそ。そもそも、育ての親であるシスターを殺してしまったわけですからね。
エルドラドシステムは……
王道で行けば、このシステムは必要がないという、ソフィがソードたちと出会ったことによる成長を見せて兄と決別する展開があるんだろうなー。
ガン×ソード的な?
ってか、この手の作品のシスコン兄貴はろくなことしないなー・・・・・・
だから、首、締められてるしね(・ω・)

| 牙狼 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

牙狼 -VANISHING LINE-第19話「FAREWELL」

2018y02m17d_010101728.jpg
何ていうか、もう、凄いことになっている。
殆どの百合アニメの感想を書いているような、そう言う気がしないでもない中で、一作だけ、牙狼って言うね。
研究都市エルドラドは隠れ蓑に過ぎなかった。真の理想郷完成が目前に迫り、邪魔立てするソード達を何としても食い止めたいビショップ達はなりふり構わぬ策を講じて来た。策にハマり、ソフィを捕らわれてしまうソード。だがそんなソフィを待っていたのは思わぬ人物だった。
しかし、1時33分の視聴って正直、勘弁してほしい感があるよね(つ=ω=)つ
起きて、朝から牙狼を見る。って結構、きついのよ。
それよか、二時近くネルの事すらきつい。
ただでさえ、牙狼の時間ってさ。
放映するの遅いじゃん?
だから、余計にね。
はてさて、兄ちゃんは生きている。例のアプリを見ていればその可能性は十二分にあるけど、問題はさ。結局、エルドラドと言う場所で、どの地位にあるのか。
それが解らないんよね。
キングがソフィのお兄ちゃん説を推していたけど、今日の話を見る限り・……
うーん……
いや、キングの存在がメシアと言う可能性もあるしね。
流牙の世界にもメシアは出てきたし。
こっちの世界に出てきてもおかしくは無いわな。
いや、マジで。

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第18話「ILLUSION」

2018y02m17d_010101728.jpg
発達しすぎた科学は魔法と見分けがつかないとか、誰かが言っていたのを思い出します。
今回の牙狼は、科学と、ホラーの融合ってとk路尾ですかね。なんていうか、そういうことを思ったりしてますよ。前回、ザルバが破壊されて、蘇るのだろうか?とか、これから、牙狼VLの魅力であるはずのバイクアクションはどうなってしまうのだろうか?とか、んなことを思ってる。
しかし、思うんだけどさ。
今回のパワーアップ牙狼の姿は、なんていうか、あれだよね。余計にマッチョ感が凄い出てきて、あれは、あれで凄いかっこいいのではなかろうか。
好きだよー。
ああいう人の思いを受けてパワーアップするのが牙狼だと思いますしね。
あ、これぞ、牙狼だな。
とか、思いながら、ワクワクして見ておりましたよ。今日は。
ただ、ヴァニシングライン、面白いといえば面白いんだけど、個人的には、どうも物足りなさがあったりしますね(つ=ω=)つ
最初のアニメ牙狼の出来が良すぎた部分もデカい気がするけど……

| 牙狼 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT