| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ウマ娘 プリティダービー最終回!

DfLV0xJV4AMo_XJ.jpg
長かった。
どうでもいい話、グラスワンダーとの因縁を、もうちょいーとかね。
やっぱ、1クールだと勿体ない!!
っていう感想が多く出てくるなー。
2クールか、3クール暗いが、ちょうどよく、全員をまんべんなく活躍させることが出来たような、そういう気がしないでもないし、そっちの方が盛り上がったような気がするんだよね。
ウォッカ辺りが良い感じにさ。
喧嘩ップルとかある訳だし。
はぁ……
気付けば、良い感じに夢うつつとして、この物語が終わってしまう寂しさをどうすれば良いのだろうか……
百合的にも盛り上がったしね。
テイオーとか良いキャラしてたのに、会長とか、そういう感じで良いキャラしていたのに……でも、なんていうかね。良い関係だったのに、惜しい。
もっと見たかったのに、どうして、こうなったのかという部分が、もっと見たかったんだよなー。
何故、同じサイゲ作品でありながら……
デレマスとは、ここまで差が出来てしまったというのか。
面白かったからこそ、もっと贅沢なことを言いたくなってしまった。
なんかなー。
ついでに、スタート前に指きりするさ。
スペスズ、百合可愛くね?(つ=ω=)つもっとじっくりゆっくり、スペシャルウィークの成長や、他の子達の成長を見守りたかったなーって、そう言うのです。
楽しかった。
楽しかったけど、惜しかった。
最近、こういう楽しかったけど、もっと見たかった。
っていうアニメが多くて辛いなー……
でも、皆、楽しそうでよかった。
とりあえず、これ、彼女達にとってレースとはレズセックスのメタファーであることは言うまでも無いわね(つ=ω=)つ
良かったですよ……
はぁ……
辛い。
ただ、やっぱ、もっと彼女たちの成長を見ていたかった。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

刀使ノ巫女」第23話『刹那の果て』

2018y06m01d_215556792.jpg
ユイ「ヨハン君、寂しかったんでしょ?」

と。

姫和「タギツヒメの孤独……」

本渡楓さん主演の百合アニメのラスボスって孤独に苛まれてね?(つ=ω=)つ

デジモンアドベンチャーの現実世界とデジタルワールドの世界の融合を思い出す。
ベリアルアトロシアスが現世に降臨した時、その力で世界を闇に変えて何も破壊せずにジードとゼロを待ったこと、あれは味方のウルトラマンを倒せば全てが終わるからなんだけど、タギツヒメの現状なら、あの7人を簡単に切ることも出来るだろうし、そうしないのはベリアルアトロシアスに通ずるものある。
ベリアルアトロシアスにしとってジードとの戦闘が遊びに近い感情であったように、タギツヒメにとっても、あの7人との戦闘は遊びであったのだろうと。
こういう部分が見える。
しかし、タギツヒメが、どこまでも人を下に見ているというのは、これは、どんな特撮ヒーロー作品であれ悪役の敗北フラグ。
そうなると、沙耶香の言った子供という言葉。
沙耶香の言った「まるで子供みたい」は、まさに、そういうことか(つ=ω=)つ
あの何時でも殺せる時期に、殺さなかったのは、その孤独と、受け継がれぬ己の存在と言うモノを感じてしまっていたのかな?とか、そういうことを感じ取ることが出来る。
荒魂特有のものと言えば荒魂としての特有の孤独が、人特有の羨望に対して抱く嫉妬心のようなものがあるからこそ人に対して傲慢な態度をとるようになったのかねー(つ=ω=)つ
己にないものに対して興味が無くて、それを自分よりも格下だと思っている存在が持っているというのは……
なんていうかね。
それこそ、生態系と言うか、そういう部分が違う、タギツヒメからすれば許されないことなのだろうね。
自分は人間以上の能力を持っているのに。
確かに時間や、何もかもは超越していたとしても……
永遠の命を持っていたとしても、切り刻まれてしまえば、また、元のノロになる。
唯一無二であっても、そこで再統合すれば彼女でなくなる。
でも、ノロが、あの20年前の事件の中で彼女を生み出したもの、そこにある、タギツヒメに対して荒魂の可能性を見ていたのでは?と、思えるわけで。
ノロは永遠であっても、タギツヒメは永遠に一人。
しかし、繁殖は出来ないから彼女は……
と、なったとしても、彼女自身、人を学んだのであれば、紫と一緒にいた時に、それを為すことは出来たのでは?
と、思わざるを得ない部分も出てくる。
まぁ、それよりも。
高津学長は夜見と共に死ぬつもりでしたか。
夜見と共に行くことが、彼女の贖罪なのだろうと。
しかし、それは夜美が望んでいなかったのは言うまでも無いわな(つ=ω=)つ
そして、それをちゃんと甘えであるという事を断じる真希さんは凄い良かったです。
いや、マジで。
ちゃんと、彼女は生きて償わなければならないでしょう。
それ程のことをしてしまったのだし。
そして、ラストは……
かなひよに始まって、かなひよに終わるか。
さて、どうなる(つ=ω=)つ

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

やーすーみーまーすー(つ=ω=)つ


心がもう息苦しい……(つ=ω=)つ

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイカツフレンズ!「告白はドラマチック」みおあい、ご結婚おめでとうございます(・ω・)

2018y06m14d_183711715.jpg2018y06m14d_183715700.jpg2018y06m14d_183720572.jpg2018y06m14d_183717921.jpg
みお「あいね……私……」
エマ「まったー!フレンズは舞花だけどパートナーは、あいねちゃんだよ!!」
舞花「それはこっちの台詞!!」
千春「あいねちゃん、今日はどっちの家に泊まる?」
あいね「あ、千春さん。」
みお「いつの間に、そんな関係に!?」
たまき「千春さん、今日、あいね、どこに泊まるって―?」
みお「たまきさんまで!?」

フレンズになると決めてから、こういう悪夢(?)を見ているに違いない(・ω・)
そんな感じで、プロポーズする話(・ω・)
ってか、ラブミーティアの結成秘話が滅茶苦茶、あれじゃないですかね?(つ=ω=)つ
それ、自伝小説とかを越えた百合小説なのではなかろうか?とか思わずにはいられないわけですが……(つ=ω=)つ
そして、もう、反応があれだよね。
2018y06m14d_183424878.jpg2018y06m14d_183422707.jpg2018y06m14d_183403082.jpg2018y06m14d_183356292.jpg2018y06m14d_183301884.jpg
あいねが、他のこと仲良くしているだけで、あの反応って、相当、あれよね。
2018y06m14d_183736623.jpg2018y06m14d_184155862.jpg2018y06m14d_184201709.jpg
愛ゆえのストーキングをしたり。
不安になるから自分が有利になる為に無理やり引き離したりとか。
ついでに、あいねちゃん、観覧車の上で積極的すぎて……いや、そっちじゃなくて。
エンゲージドレスだの。
な、何だ、こいつらは……
強い……
2018y06m14d_184228535.jpg2018y06m14d_184232436.jpg2018y06m14d_184235593.jpg2018y06m14d_184239514.jpg2018y06m14d_184246960.jpg2018y06m14d_184249659.jpg2018y06m14d_184215060.jpg2018y06m14d_184217574.jpg
今日、あの、百合的な情報量が多すぎて正直ですね。
私の話を聞くよりも見たほうが早い(・ω・)
頭が追い付かない(・ω・)
2018y06m14d_184301015.jpg2018y06m14d_184303299.jpg2018y06m14d_184306505.jpg2018y06m14d_184309375.jpg2018y06m14d_184314645.jpg2018y06m14d_184317663.jpg2018y06m14d_184411052.jpg2018y06m14d_184414906.jpg2018y06m14d_184951446.jpg2018y06m14d_185016398.jpg2018y06m14d_184954579.jpg2018y06m14d_185019290.jpg

つまり、みおあいが尊い(・ω・)
あの語彙力が低下するレベルで凄いことになっているような気がしないでもないというか、語彙力が低下するレベルで凄いことになってたね( ・ω)
百合婚してるしね……
あの、今回は、マシンガンレベルで、みおあいがいちゃつくので凄いことになっているわけですね。
な、何だ、これは?!みたいな感じで襲い掛かる程の、超越した、イチャイチャした百合が襲い掛かるという、子の世界観の恐ろしさよ。
もう、あれじゃない。
これが恋愛でなければなんだというのか。
この思いは、まさしく恋愛なんですよ(・ω・#)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウマ娘 プリティーダービー #12

11f3568a2976cfd5aad647c8f2e462d0.jpg
最近、サブタイトルを付けないことにちょっと違和感を抱いております(・ω・)
まぁ、あれなんですけどね。
スペシャルウィーク、敗北する。
って言うのは最近の、この手のアニメでは珍しいことなので、寧ろ、高揚した思い出があるんですよね。そこから逆転するからかっこいいって言うのがあるんですよ。
そして敗北から生まれる関係と言うのが非常に良く。
そして、今からの勝負・……
数多の試練を勝ち取ってきたからこそ、今という部分を生み出すのです。
これが感動に繋がるー
んだけど、最近のラノベは主人公の敗北展開が許されないとか。
そう言うのがささやかれてきてるんだけどー(つ=ω=)つ
そこは、実際にどうなんです?
まぁ、そこはどうでも良いとして。
スズカ復活劇から、スペシャルウィークの復活劇も良かった。
スペシャルウィークの場合は、スズカに依存していたからこそ、一緒に壊れてしまっているという。
この図式は実は最後まで生きていたという感じで。
スペシャルウィークはサイレンススズカと一心同体なんだよなー
って、そんなことを思わせます。
素敵だよね。
そこで、スペシャルウィークに拘るグラスワンダーとか、エルコンドルパサーがいるから、また、この百合アニメは暑い。
そういう部分が強みだね。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT