| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アニメ版「ULTRAMAN」のススメ



光の巨人ウルトラマンが地球を去ってから40年後の世界。ウルトラマンと同化していた早田進の息子早田進次郎は生まれながらに特殊な力を秘めており、その使い方に苦心していた。

ある日、謎の敵ベムラーに突然襲われた進次郎は、駆けつけた早田に助けられ、父こそがウルトラマンだった過去を知る。老齢ゆえに追い詰められた早田の危機に際し、進次郎は元科特隊の井手から与えられた『ウルトラマンスーツ』をまとい、何とかベムラーを撤退させる。

戦闘後、進次郎は地球に異星人が流れ込んできている現状を知り、早田に代わる新たなウルトラマンになることを要請される。かくして進次郎は、高校生として生活する裏で、地球側の抑止力としての活動を始める。


まぁ、実は配信開始日に全部、見たんですけどね。でも記事を書こうと言うテンションとか、そう言うのがね(・ω・)色々とあってね?
どうにも配信系の作品って、そういのがね。しかもネトフリだと全部、配信されてしまうから、一話一話を乞う、楽しむというスタイルないので、色々とあれなのよね。
一気に見ようぜ!
一気に楽しもうぜ!
ってなるタイプになると、あれですよね。一気に感想を書くタイプになるので、まぁ、ね。
漫画版は実際に購入してるし色々とあれなんですがね(=ω=)レヴューもしていたんですけどー、色々とねー(・ω・)
ついでに、今年の4月からテレビアニメ版が始まる。って言うのもあるし、今のうちにね。
まぁ、これ、言うまでもなく初代ウルトラマンの変身者である早田進の息子である早田進次郎の物語で、彼がウルトラマンと言う名前の付いた「戦闘用スーツ」ですね。世の中は、これは「アイアンマンのパクリだー!」っていう人いるけど、私は声に出して言いたい!!
日本人なら「ギャバン」とかせめて「メタルヒーロー」とか「仮面ライダー」って言えよ!!ってなる。
それでも、まぁ、デザインはライダーやメタルヒーローとは差別化が図られているデザインですし、そういう部分のかっこよさはあったりするんで、かっこいいんですよね。
あ、ウルトラマンが戦闘スーツになったら、こういう感じなんだろうなーってかっこよさがあるし。

c46974f684db06e179c9c0a5c3683ac0d7ece351_hq.jpg
ULTRAMAN SUIT Ver.ZOFFY
ULTRAMAN SUIT
ULTRAMAN SUIT Ver.7
ULTRAMAN SUIT Ver.A
ULTRAMAN SUIT Ver.J
ULTRAMAN SUIT Ver.T
獅子兄弟

tumblr_ppd1d3R5K31rekdv5_540.jpg

と、まぁ、こんな感じで歴代ウルトラマンをモチーフにした戦闘スーツにしたデザインが、また個人的にかっこいい。ただ、獅子兄弟はスーツと言うより、本来の獅子座L77星雲の姿なのでは?って思えるような、ウルトラマンの力を得られなかった戦闘形態みたいな感じで好きなんですよね。
さて、まぁ、アニメ版のお話になりますが。
漫画版だと記載雑誌の都合で色々とあれなのか結構、謎を振りまきすぎて、漫画的な盛り上がりを目指すために結構、スローペースな展開も多かったりするんですよね。そういう部分を、アニメ版は結構、余計な部分を省いてブラッシュアップされていたりと、そういう意味でもスムーズに進んでいたりする。
ただ、レッドキングをモチーフにしたレッドってキャラが出てこずに、代わりにブラックキングをモチーフにした謎のキャラが出てきて、それで終わるんですよね。レッド、結構、好きなキャラだから出てきてほしかったんですが。ただし、ブラッシュアップされ過ぎたせいで、早田が身に纏うプロトスーツ、まぁ、後にゾフィースーツになる早田進の活躍が描かれなかったりしたのが結構、残念だったりする。
進次郎がウルトラマンになるまでの決意の流れが結構、長かったりする分を、原作を端折りつつアニメではスムーズに描かれていて、1クールアニメだからこその編集の仕方が結構、上手いなーとか見ていて思ったりする。原作の8巻分までの流れをシーズン1で良い感じに取り込んだしね。
何気に、ベムラーとかね、彼の正体とか色々とあるんですよねー。
正体は明かされたけど、何気に
主人公の早田新次郎の物語を中心としつつ、ウルトラマン編、セブンスーツ編、エース編って感じで物語は進んでいきますね。ただ、これはあくまでも現在、アニメ化されている部分で、今、原作はタロウ編と来て、そして獅子兄弟編って感じで結構、進んでいたり。確か、今は、ザラブ編と言えばいいのか、何なのか。
それとも言うのであればメフィラス編とでも言うべきか。
このアニメ版を見て、漫画版を一気に読む。ってのは、どうでしょうか?
結構、面白い展開になると思います。
色々と、謎を展開していきますが、作中のメインテーマと言うのはですね。
ウルトラマンの力とは……
ウルトラマンになるということは……

この二つに集約されていると思います。
そこでいて、オリジナルのウルトラマンとは、どういう存在だったのか、それをウルトラマンの因子を受け継いだ少年である早田進次郎が知りながら様々なウルトラマンスーツを纏った者たち、異星人たちに蹂躙される人々を見て決意して戦う物語は非常に好きなんですよね。
結構、ドラマ構成は好きな物語ではあるんですよね。
自分の中にウルトラマンの因子がある理由を考え、その力はオリジナルのウルトラマン同様、人を護るためにあるのだと決意して、そして戦士として成長するのはアルアルなんですがね。
でも、そこにウルトラマンが絡んで来るから面白いんですよね。
そして明かされるベムラーの目的と、その正体……ぎらつかせるような、等身大サイズにまで落ちつつも、それでも損なわれることのないウルトラスピリッツを感じさせるドラマが、そこにはあります。
漫画的な外連味を盛り込みつつ、ウルトラマン的な謎……等身大サイズでありながら、規模はウルトラマンであるがゆえに壮大な宇宙的な物語でもあるというのが凄い好き。
果たして、このドラマの結末はどこに向かうのか……



そして・……

EQLMelYVAAAyHfG.jpgtwi_FS_ULTRA_TIGAsuit_PKG_HunUWPiSO-MWpH6ou39RHD9kkjwuvbrJ.jpg
ウルトラマンティガも物語に……!
ドストライク!!!!

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新作「ウルトラマンタイガ」にタロウの息子登場!主人公が複数ヒーローに変身って、あんた……

visual.jpg
そんな感じで、新しいウルトラマンですよ。
なー
タロウの息子だって。
初代ウルトラマンの息子は、どうなったんや?ゾフィーの子供はどうなのよ?とか思いますけどね。トレギアも実はウルトラマンタロウの親友だったんだ!って流れが出てきて、それで息子と対峙する。って言うのも、また因果だし、劇場版ルーブでタロウの力を使うカツミを狙ったのも、まさか、そういうこと!?ってなるしでね。
また、トレギアの経緯を見ると、彼等や自分たちの知らないところで悪落ちしたウルトラマンとかいるんじゃねーの?とか、そういうことを思うし。
そして、今回のウルトラマンは歴代の力に頼らず、全く新しい、そして、歴代ウルトラマンの出身地からやってきたニューヒーローと言うことだそうですね。
あ、とうとう、こう動くのか。
って感じで、まぁ、変身に、そういう歴代の力を使わないのは、お、久しい。って感じになるね。
ついでに、久しぶりに―って感じで。
防衛隊も出るしね。楽しみね。


あらすじ

地球には宇宙人が密かに移住してきている。だが、その事を知っているのはごく一部の人間のみで、一般的には知られていない。
そんな社会の中で、主人公の《工藤ヒロユキ》は、宇宙人が絡む事件をもその業務内容に含まれる民間の警備組織《E.G.I.S.(イージス)》に就職し日夜平和のために働いている。

そんな彼には、本人も知らないある大きな秘密が眠っていた。
それはウルトラマンタイガの光の粒子が体内に宿っているという秘密。
ヒロユキの体からタイガが蘇る時、新たな物語が始まる!



キャラクター
ultramantaiga_201904_fixw_640_hq.jpg

ウルトラマンタイガ
かつて地球を守ったウルトラマンタロウ(初登場作品『ウルトラマンタロウ』(1973))の息子。本心では父親であるタロウに認めてもらいたいと思っているが素直になれない部分も。正義感が強い熱血タイプで、タイタス・フーマと共に《トライスクワッド》を結成。若く未熟ながらも平和のために戦っていくことになる。彼もまたヒロユキや仲間たちと共に一人前のウルトラマンに成長して行く。


ウルトラマンタイタス
ヒロユキの中に宿る第二のウルトラマン。ウルトラマンジョーニアス(初登場作品『ザ☆ウルトラマン』(1979))を輩出した、光の国とは別のウルトラの星・U40の戦士にして賢者。鍛え抜かれた肉体と健全な精神を持つ好漢で、そのパワーを生かした重量級の戦いを得意とする。


ウルトラマンフーマ
ヒロユキの中に宿る第三のウルトラマン。ウルトラマンオーブ(初登場作品『ウルトラマンオーブ』(2016))やロッソ、ブル(初登場作品『ウルトラマンR/B』(2018))が光の戦士となる力を授かった惑星O-50出身。素早い身のこなしや多彩な技を持ち、スピード戦法を得意とする。荒っぽい性格だが、義理堅い面も持つ。

ってことで、あんた、あれですよ。
テレビ本編でジョーニアスと他のウルトラマンの関係って描かれることは無かったから、こうしてまた日の目を見る。って言うのは、これはこれで面白いし、何か新時代感あるよね(つ=ω=)つ
ってか、こいつ、スゲーマッチョやな(=ω=;)
そういえば、ザ・ウルトラマン40年なんだよなーとか、タロウから、そんだけか―とか、そういうことを思うと、ここでまさかの復活。って言うのもあってもおかしくは無いんだよなーと。
まさかの、ザ・ウルトラマンから持ってくる。
そりゃ、予測は出来ねーよな!
とはなるよね。
いや、今まで、ジョーニアスと他のウルトラマンの関係って曖昧だったからさ。
そういう意味でも、このサプライズは結構、嬉しいよね。
そして、タロウの息子の初めての敵が、トレギアってのも何か、ゼロとベリアルの因果を思い出すねー
フーマってこいつ、元は人間なのかね?O-50のウルトラマンって、ほら、あの鬼畜上司……いや、光の輪から力を授かったヒューマノイドエイリアンがアイテムを与えられて変身するタイプだけど、こいつの場合は、そこ出身とか書いてあるし。
生まれながらのウルトラマンなの?
しかし、タロウの息子かー(つ=ω=)つ
そこ行くと、初代様の息子はどうなってしまったのか(つ=ω=)つ
あっちのアニメのほうで勘弁してやーって展開は勘弁してやー(つ=ω=)つ

sub11-14.jpg
ウルトラマントレギア
劇場版ウルトラマンR/Bにも登場した、悪のウルトラマン。
元々は光の国の出身でウルトラマンタロウと親友であったが、闇に心を染めてしまう。
タイガを執拗に狙う本作通じての敵。

トレギアさ。
タロウの物語とは真逆を行く性格の持ち主であるトレギアが、どうして、ああなったのか非常に気になるところだよね(つ=ω=)つ
今、劇場版ルーブを見返せば、こいつの素の部分が発見できるかもしれないと思うと、ちょっと、早くBDが欲しい(=ω=;)
タロウの快活さでも、こいつの闇堕ちは救えなかったと思うと、トレギアの人生はどういうものだったのか?って言うのは割と思う。
夢の全てを失った戸井に力を与えたりと、夢を失ってもウルトラマンとしての矜持を持ってたカツミを戦わせたことを思うと、そこに何かありそう。


主人公

cast-hiroyuki.jpg
工藤ヒロユキ(22)
民間警備組織E.G.I.S.のメンバー。心優しく正義感の強い若者。
子供の頃に宇宙人に襲われたところを、偶然地球に行き着いたウルトラマンタイガの光に救われ、それ以降彼の体の中にタイガが宿っている。
ヒロユキ自身にはその認識はなく、ごく一般的な家庭で健全に育つ。
物語が進む中でタイタスやフーマといったウルトラマンにも出会い、彼らとバディーになっていく。
未知の存在を恐れず受け入れる優しい心を持ち、「人間」「宇宙人」「ウルトラマン」異なる種族の架け橋になる存在へと成長していく



そんな感じで、異常ですよ。
まだメインスタッフが解ってません。
そう、主題歌とかも監督、脚本も分かってないんです。
他に、どういうサブキャラクターがいるのか。
それも解っていない状況な訳です。
これが、どうなるかなーと、やっぱり、そういうことを考えちゃうね。
メイン監督、自分としては、アベユーイチ監督に参加してほしいという欲がありますが。やっぱ、この現状でのアベユーイチ監督がメインのウルトラマンをもう一度、見たいんですよね。
割と真面目に、これは気になる。
そして主題歌は、やっぱり、円谷お抱えの歌手をオリジンサーガから起用し始めたので、今回も別のお抱えではないアーティストを起用してほしいと思います。
個人的には……
[ALEXANDROS]

か。

女王蜂に来てほしい。

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

グリッドマンのアニメってさ……


特撮版って、当時、マイトガインと同時期だったんだよねー……
って、感じで、今日は百合じゃない記事。
特撮版となんか関係あったりするんですかね?
やっぱ、なんか、繋がりが欲しいよね。
個人的にがっつりと言うよりも、間接的に、ニヤッとさせるような繋がりがあれば楽しめるので、それで良いかな―とか、そういうことを思ったりしますね。
2018y10m01d_171010367.jpg2018y10m01d_171020877.jpg2018y10m01d_171022145.jpg2018y10m01d_171027851.jpg
そう言うのがあった方が個人的に盛り上がるというか、ついでに言えば、グリッドマンの声優さんもオリジナルと同じ、緑川光さんですしね。
以前、雨宮監督が作ったグリッドマンの短編アニメがあるけど、あれと繋がってたりするのか、また、それも謎である。
前情報が良く解らんのです。
2018y10m01d_171031219.jpg2018y10m01d_171030154.jpg2018y10m01d_171029353.jpg2018y10m01d_171028601.jpg
さらに言えば、アシストウェポンがゴッドゼノンと言うか、まぁ、サンダーグリッドマンになる為のパーツで構成されているの入るのは言うまでもなく、って言うか、そのそっくりさんであるのは言うまでも無いんですが。
各々の戦車、戦闘機、ドリルタンクの奴が、グリッドマンと合体するのでねー。
サンダーグリッドマンになるのかなー?とか、ちょっと不安になったりします。
2015y11m19d_190102768.jpg
いや、サンダーグリッドマンがですね。
キンググリッドマンよりも好きなんですよ。
何か、各々の合体形態が出てきて、あれ?まさか・…・
とか、なってしまったりします。
2018y10m01d_171041832.jpg2018y10m01d_171050319.jpg
何か、紫のグリッドマンも出るし、あれ、グリッドマンシグマが洗脳された存在なのでは?とか、そういうことを思ったりしますが、まぁ、あれですよね。
シグマは、まぁ、オリジナルのグリッドマンの弟さんって設定ですからね。
グリッドマンシグマについて、画像を探すのも面倒くさかったので、ググって調べてください。
これからの放送を見れば良く解るよね。
見も蓋も無いけどね。
茶をすする。
前作のキャラとか、何気に出てきたら、それは凄い楽しくね?ってなるしね。
まぁ、何かしらの形で出てほしいよね。
ついでに、特撮版のBGMも流れたら喜ぶね。
これね。

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

何とかぱんどーらよりも、ウルトラマン芸人のが面白かった感

0520_ultra_001_fixw_730_hq.jpg
普段、アメトーークの好きなもの特集とか見ないんですけどね。
でも、このウルトラマン芸人は凄い楽しかったですね。
多分ですね。
ライダー芸人等も茶化す面倒くさい芸人が多いからなんでしょうね―とか思いながら、今回の麒麟の川島さんは非常に、そう言うファンが不快にならないような茶化し方が上手かったんだろうと思います。
そこは、たぶん、この人もドラえもんとかで色々と好きなものがあるからなのだろうと思います。
なんやかんやで録画したウルトラマン芸人を結構、見直してるんだけど、これは雛壇にいる芸人の本気度と、茶化しすぎないゲスト芸人のバランスが良いんだと思う(つ=ω=)つ
解りやすく、芸能界の世界でウルトラマンという作品の面白さを伝えたいという雛壇芸人のウルトラマンが大好きな人たちの本気と言うのを見たような気がする。
ついでに、ライダー芸人とスーパー戦隊芸人は必要以上に茶化しまくってたし(つ=ω=)つ
やっぱり、この茶化しって塩梅が大事なんだろうなーって思う。
そこんとこ、似たような趣味がある麒麟の川島さんはさ。
画面の向こうにいるウルトラファンに気を使いながらちゃんと面白いことを言ってたのが良かったんだろうなーって思う訳ですよ。
他のだと、こういう訳には行かない。
笑いを取るために作品を貶したりすることもありますからね。
この塩梅って実に難しいわな―と。
んー(つ=ω=)つ
そういう部分の職人芸を見た(つ=ω=)つ
そして、ウルトラマンの面白さ、魅力を沢山、伝えられるものだったのではなかろうか?って思った(つ=ω=)つ

| ウルトラマン | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

怪獣娘の第二期は劇場版ジードだった?かもしれない。

kaijurogo.png
あれ?劇場版ウルトラマンジードって、これをモデルに作ったのでは?
とか、思うくらいには、怪獣娘二期は劇場版ウルトラマンジードだった気がする。
あっちは、リクが一人で頑張りすぎて大変なことになる。
こっちは、ガッツ星人が頑張りすぎて大変なことになる。
二人とも、そして仲間に助けられて、仲間の大切さに気付き、そして、仲間の弱点を認めたうえで成長するという展開。そして、そのそばには必ず大切な人たちがいる。
全てにおいて、そういう話であった気がする。
イメージと言うものに引っ張られすぎてしまうと、人と言うのは、どうにも、そういう存在であろうと無理をしてしまうようです。
リクで言えば、ウルトラマンとして認められたからこそ。
ガッツ星人は強者であるということ。
そういうイメージだからこそ無理をしてしまう。
しかし、アギラは、まぁ、作中では無勝(銀河伝説は除く。)であるという事から、そんな自分でも力になれることとして仲間達と助け合いながら、苦難を乗り越える道を選択する。それは、頼りっぱなしになるというのではなく、自分が出来ることを最大限にしようということ。
それが、ジードでもライハ達がそうであったように。
こうして見事に二期とジードはシンクロしているな。
と、そう言うことを思いました。
そして、最後はプライドもかなぐり捨てて、皆で戦う道を選ぶ。
そんな中で、ライハにはキングがいたように。
2018y02m21d_112819875.jpg
アギラにはゼットンがいるんですよ。
かつて、ウルトラマンを倒した絶対的な強者が、こうしてアギラを導く存在になる。ってだけで、かなり、個人的には胸圧なわけですよ。
完全に、ゼットンはアギラを見守るお姉さまポジションとして最高クラスまで昇華されてた(つ=ω=)つ
ゼトアギ、尊い。
そして第二期の初会話シーンでは微妙に距離が縮まり、相変わらずのゼットンはアギラのお姉さまポジションを維持しているという最高に美味しい(つ=ω=)つ
ついでに、公式で公開されたゼットンが主役のSSもゼトアギ満載で尊い!!!
アギラにとって、常にゼットンは”頼れるアギラだけのお姉さま”と言うポジションが怪獣娘と言う短い時間の中で、常に効果的に表れているのが、ゼトアギの物凄い強さ。
ヴァルキリードライヴマーメイドで言うと、とりのさんと、あきらさんおような関係ですね(つ=ω=)つ
短いけど尊い(つ=ω=)つ
ゼトアギ、全12話の中で非常に短い時間の中でしか描写されてないし、もしかしたら、ゴモアギやガツアギよりも描写時間は短いのに、それよりも怪獣娘のカップリングの中で一番輝いているように自分の中では思う訳ですよ。
ゼットンのアギラ限定のお姉さまキャラなポジションは本当に美味しすぎる(つ=ω=)つ
二期になってからガツアギに浮気しそうになってたけど、やっぱり、ゼトアギが強い。
ってか、ゼトアギの描写を見るたびに、この上質な百合ドラマが三分の間に描かれているのだと思うと甘死しそうな衝動がね?
このゼットンの立ち位置が最高なんですよね(つ・ω・)つ
深く関わらないけど、でも、それ以上にアギラに対して大きな影響を与えるという美味しい処を持って行くお姉さまポジションが本当に、この二人の関係を象徴するような最高の百合を生み出すというね。
ゼトアギは、この作品を代表する百合カプ
何が素晴らしいかって言うとですね。
アギラが誰よりも頑張って、それでもピンチになった時には、ゼットンは必ずアギラを助けに来るという、このウルトラマン的ポジションがね!
それでいて疑似姉妹百合関係なのが、またもう素晴らしい訳ですよ。絶対にアギラには力を貸すんだよ!
最高なのよ!
完璧に近いゼットンと、未熟な部分が目立つアギラだからこそ女学園系の疑似姉妹的な百合が物凄く光るしアギラが成長した時にね?
ゼットンのアギラにかける言葉が何よりも甘く、そして力強い訳ですよ。
それが極上の百合を生み出すわけですよ。
だから、口から砂糖を直飲みして糖尿病になる(・ω・)
アギラにとって、常にゼットンは”頼れるアギラだけのお姉さま”と言うポジションが怪獣娘と言う短い時間の中で、常に効果的に表れているのが、ゼトアギの物凄い強さ。
はぁ、ゼトアギって、本当に最高だよねー。
ってことで、次、気になったカプ。
2018y02m28d_083603963.jpg2018y02m14d_185130357.jpg
個人的に、ザンドリアス関係のカプ、凄い良かった。
短いけどね。
マザーザンドリアスとの母娘百合な関係、可愛すぎね?
ってなったりする……
色々と妄想したよ。
もうね・・・・・・
それに、ノイズラーとザンドリアスの組み合わせって、もう見るだけで性格が王道タイプじゃん……
何?この要素w
最高でしょw
2018y01m25d_195217147.jpg2018y02m07d_234259209.jpg2018y01m17d_121923072.jpg
そんな感じで、言うまでもなくゴモアギは、今回、シャワー室でセックスしたしね(・ω・)
強くね?
いや、マジでw
さて、まぁ、ガツアギも良かったですね。
これ、たぶん、もえた理由はリクとライハのような関係だからだと思う。
それに非常に近いよね。
後、さて、まぁ。
でも、ここにキングジョーを交えて、ポリアモリー的な百合も良いとなる。
この三人の組み合わせは、もう、未クラスとウィンダムの組み合わせでも良いなーって思ったりとかさ。
何だろう。
アギラ自体が、物凄く総受け的な要素を含みまくってるから良いですよね。
強いです……
1521779739796.jpg
そしてラストに謎の影……
いや、黒い人なんですけどね。
さて、どうなる?
ってか、今回は三期の告知、早いな……
まぁ、嬉しいから良いけど。

| ウルトラマン | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT