| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

少女☆歌劇 レヴュースタァライト」3rdスタァライブ "Starry Diamond"

EIc9EsIXkAAcGB_.jpg
ライブ中、ずっと立ちっぱなし。
あの、二部構成になっていまして。第一部は休憩なしに、すっ飛ばしてから、二部にはいるまでに20分ほど休憩を挟んでからの、二部もノンストップで突っ走るライブ。
そんな感じで、あの、セトリは、こんな感じで。
2019y11m04d_153921928.jpg
2019y11m04d_153958339.jpg
2019y11m04d_154009030.jpg
第一部は九九組だけだったんですよ。
んで、ディスカバリーから第二部が始まってね。
んで、まぁ、アニメから、初期の舞台の歌までシングルや、さらに言ってしまえば99組の歴史ですよ。ここで、一気に詰め込みまくって、まぁ、もう、あんたね。
いや、まぁ、前のライブの時でも思ったんですけどね。
劇場のゴーストって歌が、まぁ、あのBDを買うと付いてくる楽曲でして。これがねー、現代的オペラとでも言うべきか、天堂真矢訳の富田さんが主演の五分の劇場とでも言うべきか、それほどに、凄くて、最後にエグい設定を持ってくるから、終わると感嘆と同時に、絶大な拍手が送られるという感じで、絶人も、これは見てほしいと思える楽曲。背中に鳥肌がね……
いやぁ、もう、ヤバいっすよ。
その後、CDを聞いたんだけど、これは、生で聞かないとダメな奴!!ってなっちゃうんですよ。この楽曲に関してはね。
まぁ、ねぇ。
これだけ異質なのよ。
第一部の楽曲の中では。
アイドルチック楽曲の中に、こう言う本格派を入れてくるから、そのギャップね。そこで驚くよね。
セカンドで唄われたり、#2で唄われた楽曲も多くあれど、やっぱ、青嵐は出ないし、他の学校の子も数名でなかったりと、まぁ、ちょっと、そこは哀しいなーって言うのがあったね。
ノンストップで唄い通してですね。疲れるんですけど、同時に、時間の流れが速くて、あっという間にに過ぎてしまうという。
隣の人に気づけばのど飴を配っておりました。
そして、三森さんが今回は、あまりお忙しいから練習に参加なされていなかったのか、中盤の「Fly me to the star」から参加されて、それは、それで寂しいという部分が有ながら、でも、三森さんが参加するまでは「まひかれ」で、まひるちゃんが、ひかりのポジションを担って華恋と一緒に唄う。
まひかれだ!!!!ひかりが来る前の、まひかれだ!!!!
いやはや、やっぱり、それだけのスタミナを使うけど、それでも、あの歌や、この歌と……そして、やっぱり良いところで盛り上げておいて、美森さんが参加して9人で唄う、星のダイアローグって流れるとさ。泣いちゃうよね。
あの歌自体は、そう、アニメが後発だから、あれなんだけど、それでも今は、もう少女歌劇レヴュースタァライトという作品を象徴する一曲になったからこそね。
と、言うよりも、あの曲自体がスタァライトだけでなくとも、色んなアイドル百合アニメとか、そういうジャンルのものに通ずる始まりの一曲に繋がるんですよね。それを改めて感じてしまいますね。少女達が、こういうところで頑張る作品、百合作品、その全てに通ずる始まりの一曲。
これが大事。
少女☆歌劇レヴュースタァライト
どれだけ前後にアイドルや、この手の百合アニメが出てきても、全ては、この作品の模倣になってしまうような、そういうことを思わせる力を模ているって言うのは凄いことですよね。やパリね。

それよか、ディスカバリーを唄っている時に、雪代晶が「シークフェルト女学園!」みたいなことを言って乱入したと思ったら、怒涛の勢いで凜明館やフロンティアもやってくるという、この凄さよ。
ディスカバリーって、何か、個人的に一番アイドルアイドルしてる楽曲でありつつ、そこに、各校の色を出してくるって言うのは面白い演出だなーと思ったりしますね。

さて、まぁ、一番の目玉は、まぁ、舞台少女全員で「STAR DIAMOND」「DIVINE STAR」等を唄ったことでもあるんですが、やっぱり、個人的な見どころはですね。
下記の楽曲でしょう。

WEB_RS_eternelle_jacket.jpg
ウレヴューアルバム「ラ・レヴュー・エターナル」に収録されている楽曲を全部、やるって言うね。



1.追って追われてシリウス
歌:石動双葉(CV:生田輝)、花柳香子(CV:伊藤彩沙)、
巴珠緒(CV.楠木ともり)、秋風塁(CV.紡木吏佐)
作詞:中村彼方 作曲/編曲:亜沙

ふたかお、るいたまの嫁自慢合戦とか笑うわ。
それでいて、香子と珠緒の関係を見ていると愛憎が入り混じったヤバさがあるので、そういう意味でも非常に面白くもあり毒もある。
珠緒先輩は絶対に精神的に参った時は塁ちゃんをストレスのはけ口にするけど暴力的なことは出来ないから耳元で「塁ちゃん、大好き」って誘惑しながら卑猥な言葉を言わせて快楽を得ているタイプの先輩だと思う。


2.ゼウスの仲裁
歌: 西條クロディーヌ(CV:相羽あいな)、夢大路栞(CV:遠野ひかる)、
夢大路文(CV:倉知玲鳳)
作詞:中村彼方 作曲/編曲: 三好啓太

夢大路姉妹のレヴューパート、見たい組み合わせのものが結構、あって歌唱力が凄いのあったり、マイクトラブルらしきものがあったりとかもしたんだけど、それ以上に夢大路姉妹とクロディーヌのレヴュー、業が深い(つ=ω=)つ
別れた姉妹百合を上から目線で仲裁する西條クロディーヌとか業が深すぎるだろ。
それでいて、このクロディーヌって女、二人にね?
真矢との関係を自慢してるの「うわぁぁぁぁw」ってなるわ。


3.御してぎょしゃ座
歌:星見純那(CV:佐藤日向)、リュウ・メイファン(CV:竹内夢)、
田中ゆゆ子(CV:佐伯伊織)、野々宮ララフィン(CV:富田美憂)
作詞:中村彼方 作曲:小高光太郎・UiNA  編曲: 小高光太郎

楽しそう(・ω・)
こいつら、スッゲー楽しんでる(・ω・)



4.裏切りのクレタ
歌:天堂真矢(CV:富田麻帆)、大場なな(CV:小泉萌香)、
鳳ミチル(CV:尾崎由香)、鶴姫やちよ(CV:工藤晴香)、
胡蝶静羽(CV:佐々木未来)、恵比寿つかさ(CV:加藤英美里)
作詞:中村彼方 作曲/編曲:藤澤慶昌

さらに天堂真矢VS大場ななとか、天堂真矢がリベンジを果たす、あのシーンとか見ていると思えば大場ななが、あの強さを誇るために持っていた原動力を失ってしまうと、そこまで弱くなってしまうのかという……前を向いて進んでいる証ではあるんだけど、それが逆に、あの時の大場ななの狂気を改めて感じさせた。
あの狂気が、どこまで凄かったのか。って言うのを改めて大場ななの強さを感じることが出来た。
と、同時に天堂真矢も、ななを打ち負かしたのは日ごろの鍛錬の強さ、そのものなのだろうというのは改めて理解するよね。
過去に拘ったななと、常に前を歩く天堂真矢の差よね。ってか、真矢と、ななが強すぎて、他の四人がかすんでたんですけど、大丈夫ですかね?(・ω・)


5.1等星のプロキオン
歌:露崎まひる(CV:岩田陽葵)、音無いちえ(CV:和氣あず未)、
大月あるる(CV:潘めぐみ)、叶美空(CV:竹達彩奈)
作詞:中村彼方 作曲/編曲:本多友紀(Arte Refact)

こいつら、楽しそうにやってんな(・ω・)その2いや、もう、こいつらね、本当に楽しんでやがるwって、そういう印象しかないですよwだから、そういう歌を聞いてると、こっちも楽しくなるよね。って気分になります。


6.逆境のオリオン
歌: 愛城華恋(CV:小山百代)、神楽ひかり(CV:三森すずこ)、
雪代晶(CV:野本ほたる)
作詞:中村彼方 作曲/編曲:加藤達也

そして、王の傲慢ですよね。
雪代晶一人であれば……
それこそ、神無月の巫女の運命を超越した愛城華恋と神楽ひかりの二人の強さの前に王の傲慢は打ち砕かれる、そういうドラマ性が見えます。

雪代晶がレヴューで犯した最大の誤り、それは神楽ひかりを氷漬けにした事だ
ねじれて繋がる二重螺旋のように、精妙にして巧緻、大胆にして細心
練りに練られた謀略が、遺伝子の如く自己を複製する
いよいよクライマックス、いよいよ大詰め
舞台に立った全ての者が、ツケを払う時が来た
万来の拍手にも似た轟音と共に、眩しすぎるカーテンコールを受けるのは誰だ?
次回、『逆境のオリオン』
真実はいつも残酷だ


さて、まぁ、こう言う感情的なものを揺さぶられるものを生み出す舞台、そしてライブの力と言うのは恐ろしいものです。
D7EtEw-UcAAoCo1.jpg
個人的に他学校の楽曲で一番好きなのが「鬼紅忍絵巻」……これ、あの凜明館の「蝶になってみませんか?」に入っている楽曲なんですけど。これのライブ版が聞けるかぁぁぁぁ!ってなって、本当に、そこは最高だったね。色々と聞けたんですよ。スタリラ関連の楽曲は、ほぼ全部、出してたので。
これを毎日、出す、何て言うの、ブシロードの強さって言う、その力を思い知ったよね。
嫌ねぇ、どの曲も良いんだわねー。
まぁ、当然なんですけどね。
やっぱりさー。
皆で唄う、STAR DIAMONDとかさ、STAR DIVINEとかやっばいよね?あれね?
いつも、私、思うんだけど。
#2の時だって、青嵐が一緒に唄うじゃん。
やっぱ、4thライブがあるなら、聖翔音楽学園、青嵐、シークフェルト、フロンティア、凜明館と一緒に唄う、星のダイアローグSTAR DIAMONDSTAR DIVINEを是非とも実現していただきたい。やっぱり、欠けたメンバーがいたり、あの学校がいない。ってなると物足りないんですよね。素晴らしいんですよ。
その場で唄われるのは素晴らしいんですよ。
でも、物足りないの!!!
あのメンバーがいない!あのメンバーが!!って言う、すっごい、この感情!
素晴らしいけど、やっぱり、全員、そろって見たい!!!
って言う感情ね。
素晴らしいのは解っているんだけど、欲望が出ちゃうの!!!わかる?!これ!この感情!!!
そういう意味でも、そういう歌だよねーってなるよね。
まぁ、あれだよね。
ここまで行くと、ちょっと、青嵐を混ぜた全校でさ。
星のダイアローグとかも聞きたくなるよね。
お母さんは、そう思いました。
人間の欲深さを表す危険な薬ですねwこのライブって言うのはねw
本当に怖いものです(・ω・)
終われば、見知らぬ人とポカーンとしながら語り合う、そういう楽しいライブでございました。マイクトラブルもあったけどね?そういう意味もありつつ、楽しませていただきました。
ありがとうございました。
次はー……来年の夏か……

#3……

三日しかやらぬ(つ=ω=)つ


そういや、少し前は、こう言うのを作ることにハマってた(つ=ω=)つ


| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

少女☆歌劇 レヴュースタァライト映画化!!!!&再生産総集編!!!!

EIc9EsIWoAAixvE.jpg
EIc9EsIXkAAcGB_.jpg
貫いてみせなさいよ あんたのキラめきで……by???


そんな感じで、あのー、3rdライブ、百合舞台創造科の皆様、お疲れさまでした!!!!!
3rdライブは後日に回すとして、とりあえず、3rdライブ終了後、この報告を聞いて私は驚いて思わず近くにいる見知らぬファンと叫び合ってました。
そんな感じで、まぁ、3rdライブ、凄かったんですが。
楽曲のインパクトに負けない位強い、この楽曲イベント……
なんというかねー。
百合だね。
うん……
嫌さ、前々から言っていたけど、かれひかまひってね。
神無月の巫女の、姫宮千歌音と、来栖川姫子の系列の女の最終進化系なんですよ。あくまでも、自分の中の百合感とでも言うべきか、そういう世界でなんですけどね。
陽は、こう、あの神無月の巫女と似た運命を乗り越えた二人の未来が垣間見えるというという、この系譜が見えるんですね。そんな、彼女たちの進化した百合感、その最先端を平成最後の夏に生まれた彼女たちの未来は、どう描かれるのか。この運命は、どうなってしまうのか。
姫子は華恋に転生し……
千歌音は、ひかりと、まひるに転生し……
何が好きかって、守られてばかりだった姫子が、ですね。
千歌音を護り、導く存在にまで進化したということ、あの時期の百合作品から、スタァライトを見ると、どれだけ進化したのか。
それが、本当に良く分かるんですよ。
そして、舞台少女は改めて新たな世界に!!!!
子の流れですね。
どうなるのか……
楽しみですね。

そして、スタァライト、今日から、また本編が無料配信されますよ!!!

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十月は神無月

6cb44add3102a1275982dd96.jpg
神無月ですね。
神無月の巫女ですよ。
あのー、とりあえず二人がヴァルキリードライヴシリーズのレディ・レディと、ふたなりスワッピングレズセックスするSSを書いていたんだけど、最近、SSを書き始めると10分で気力が切れる。って状態でございましてw
終わらないねー。
いつ、終わるんだろうねーって思いながら書いてる。
なんかね。
この状態、どうにかしたいね。
なんて考えていくうちに、アイカツフレンズのSSも書いてはいるんですが、たまきさんショックで気力がかなり失せてしまったという訳で。たまきさんショック、ヤバいですよ。
いや、まぁ、ねぇ、。
千春さんは、のあさんがいるんだけどね。前々から思ってたんだけど、千春さんがたまきさんとセックスするのを描くことに背徳感を感じていたのは、アイカツフレンズ最終回への予言だったんですかね?とか考えてしまいますね。
じゃぁ、Re:ステージの百合SSとなるとw



2019y09m08d_180516487_20190923182732d34.jpg
「沙由、さん……」
「毎日、顔を合わせているのに、いざ、こうなると結構、緊張するわね……」
朱色のショートヘアの舞菜の未成熟な身体が少し大人びた沙由の視界に入る。これが自分たちを導いた少女の肉体。触れれば壊れてしまいそうなほどの華奢な肉体に沙由は手を伸ばし……舞菜と粘膜同士の接触をしようとしたときだ。
「させないわ!」
「お姉ちゃん!?」
「碧音さん!?」




って、お姉ちゃんが乱入してくるギャグになってしまうというねw
碧音さんがレズビアンキャラクターとして、あそこまで業が深いと応援したくなっちゃうw
どうにかして、彼女の願いを公式さまは叶えてほしいし、沙由との初夜は是非とも、お姉ちゃんが乱入して3Pになってほしいという願望さえ生まれてしまうというw
そんな感じで妹と言えば、最近、シスタープリンセスが人気ですね。
VTuberデビューした可憐ちゃんが増税を前に色々と語っているのは、リアルだなぁ。と。個人的に幼稚園の年長さんの時に姉から、シスタープリンセスの雑誌を見せていただいて、その時ですね。シスプリを好きになったのねー。あの頃は自分の中で妹って概念が無いから、個人的に、シスプリノキャラって「この子等は、たぶん、私のお姉ちゃんだ。」って、そんなことを言ってた。
そんな感じで、10月ですよ。
シスタープリンセスを百合的な目で見ていたのって多分、自分だけだと思う。ってか、今、シスプリが再活動しているのを見ていると、これを機に新たにゲームを作るのはありではなかろうかと。
それこそ、普段のいつものシスプリと。
女性ファンも多いからこそガールズラブサイドみたいなのをね。そういうのもありなのではなかろうか?と。
百合の話しようかなーって思ったんですけど、まぁ、特に、何か、そこにあるわけでもなく。
やろうとおもったんだけどね。
10月は神無月の巫女の月だから、何か、これに関する百合の話でもしようかな。って思ったんですが、まぁ、良いや。って気分になって、肉を食ってましてね。
なんか、色々と語りたいなーって。
ツイッターのトレンドにアイカツスターズの七倉小春があったから、何事や。って思ったら、なんか、データカードダス アイドル総選挙最終結果発表なるもので、小春ちゃんが一位だった。いや、小春ちゃん、好きなんだけどさ。外見的に地味だから、世間的には人気がないのではなかろうか?とか思ってたら、意外ね。
やはり、そこは、七倉小春・……香澄家の女達を落としてきた実績があるんじゃろうか。彼女は、夜空さんや、ねぇ。真昼ちゃんとか落としてきたしねぇ。
そういや、あのデレマスのナターリアの声が、スタァライトの双葉を演じた生田輝さんということで、本業が声優さんじゃない肩が、こうして抜擢される。って結構、凄いというか、驚きだよね。これ。
最近、声優さんが本業じゃない人が本格的に声優さんに取り組むスタイルって言うのが増えたね。やっぱり、そこは、ほら、ジブリや大作映画の芸能人声優と、どう違うかって、やっぱり、本気なんでしょうね。本格的にやらないと次の仕事に繋がらい若さだからこそ、なんやかんやでやる芸能人声優とは違うんだろうなーと思います。
はい。
ねぇ。
そんな感じでシスプリ、20周年だって。
それで、姉が録画して一緒に見たもう、ぺーぺーのガキの時代に見たさ。深夜アニメの奴を見たんだけど、ひっで―出来なのねwwww
いや、もう、話も酷いし、作画も酷いし、何が、それでも見る気力を保てるかって声優さんの糞見て―なバカな頭に残らない話を真剣にやってる演技力と言うねwwww
「ついでに、お前、誰だよwww」って言う、オリジナルキャラもいるし、男はさえないし、何か、置鮎龍太郎さんの演じるキャラとBLモード入ってるし。
もうついでに一人のさえない男に美人の12人の妹が都合よくやってくるわけねーだろ!って飛ばし飛ばしで見ちゃって。まぁ、あの、はい。
もう、飛ばし飛ばし見ちゃって、気づけば一話を10分で見終わっているというw
そういう感じですね。
ねぇ。
シスプリって、やっぱり、男にとって都合のいい女でしかない。って言う現実を見るのが非常に辛い。彼女たちは男に媚びを売るための舞台装置でしかないという、それをアニメは露骨にやっているから辛いねw
だからね。
色々と辛いなーと思いつつ、VTUBER可憐を見たんだけどさ。
なんか、こっちは、メタフィクション連呼だし、心地よいくらいに華恋ではなく桑谷夏子さんが出てきて、更に面白いことに心地よいくらいにおばちゃんが出てくるのが凄い面白くて好きだなーと。
・・…そういや、シスプリね。
咲屋
アニメを見ていて思ったんだけど、「そういや咲耶、スゲー好きだったな……なんで、こんなに作画酷いの?」って、ちょっとですね。
心が萎えたw
やっぱ自分がシスプリとか、そういうアニメを見れなくなった理由って、やっぱり自立した女性が好きで、男にとって都合のいい女が媚びを売るというスタイルが異様なものに見えてしまうのだろうと。
しかも、盲目的じゃない。
何の理由も無く、またはしょーも無い理由でつまんねー男を好きになる構図が理解できないんですよw最近はw
いや、もう、シスプリを見て、なんでダメになってしまったのか、良く分かったわw
自立した女性がかっこよく活躍したり、女性と恋愛することは、それだけでかっこよく見えてしまうものなんだろうなーと思うんですよ。
シスプリも、何か、今後、やっていくなら、そういう独立した女性のカッコよさ、お姉ちゃんに恋する女に悩む妹って構図をやると支持層増えると思うw
いや、これは願望願望……
咲耶が女性(姉)に恋愛して、色々と他に11人の女達に愛されてしまう状況に悩む姿とかね。私は、そういうシスプリをやったら喜びます。
そんな感じでね。
シスプリのアニメは酷いけど、VTuber可憐は面白いです。
是非ともどうぞ。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

期間限定でGYAO!さんにて「Re:ステージ! ドリームデイズ♪」の第1話〜最新話が無料でご覧頂けます



2019y09m08d_180516487_20190923182732d34.jpg2019y09m22d_171637230.jpg
 「分かるか、俗物。私はそれほど傲慢ではないよ。だから、私の恨みと怒りと悲しみを高尾校の生徒にぶつけさせてもらう!

 舞菜がステラマリスだったらという悔しみ、舞菜がKiRaReの女に寝取られた悔しみ……。こ……この姉の悔しみを、誰が分かってくれるか!」


敢えて問うなら答えもしよう

望む事はささやかなりし

この腕にかき抱けるだけの夢でいい、この胸に収まるだけの真実でいい

例えて言うなら、その名は舞菜

舞菜こそ我が命、舞菜こそ我が宿命

Reステージ ドリームステージ

『触れることの出来ぬ妹』

あぁ、まさにその名の如くに


舞菜の成長を喜ぶと同時にと同じステージに立てても、それはステラマリスのメンバーとしてではなく自分のライバルとしてという悔しさと哀しみ。
ここで碧音は舞菜が出ていくとき、自分が高尾校の人間のように舞菜を導いていればという大きな後悔が肉体を蝕む、あの顔。沙由のやることなすこと、その全てが碧音がすべきことだったという沙由の存在が面白いくらいに碧音への皮肉、アンチテーゼになっているという、この辛さ。
沙由のように舞菜を導いていれば自分の傍に絶対にいたと後悔している10話で見せた碧音の女の顔が見ていて、たまらぬものがありますね。いや、マジで。
舞菜って、もう碧音のことを自分に優しくしてくれる姉としか見てなさそうなのが個人的に辛いんだけど、昨日の話を見て思ったのが、舞菜が沙由に対して献身的になる部分って、碧音が舞菜に向ける感情と変わらないということに気づく。
沙由が傷ついてる時に誰よりも早く舞菜が動くし血を感じる。
舞菜にとって沙由は諦めていたアイドルの世界に再び自分を導いてくれた人だし、舞菜にとっては、それだけで献身的になるには十分な人間なんだよねー。
自分のトラウマを乗り越える時に、常に寄り添ってくれていた人が沙由だから、舞菜が執着しないわけがない。
碧音の妹だからこそ余計に。
碧音がすべきことは、全て、沙由がしてしまったという現実が見ていて辛いものがあるね。そう考えれば考えるほど、いや、マジで。

さて、そんな感じで。
Re:ステージ!ドリームデイズ♪
一話から最新話まで全話、GYAOで公開中です。
改めて一気に見直すと良いかもしれません。
そうすると、また、何か新しい発見があるかもしれませんね。
いや、マジで。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年の夏休みのさー


心霊番組が一本だけだった。
って言う現実!!
少なくとも去年は3本はあったような気がする……
でも、今年は……
覚えている限り、しかも、全国ネットでやってないという、テレ東だけですよ。なんか、もう、ここまで無くなってしまうと、どうにも時代なのかねぇ。
パソコンでそれっぽいので作れるし、さらに言えば、さ。
CGで、どうにかなってしまうし、流すのも実は、コンビニとかで置いてある、「本当にあった呪いビデオ」とか、ああいう感じのスタイルの奴を切り貼りしたものだったりと、そういうのが多いわけだし。
それは仕方ないのかなぁ。
後、保護者とかが、子供が怖がるから。
とか、そういう意見もあるようだしね。
非科学的なものをーってのもあるしなー。
でも、心霊番組ってさ。
風物詩だと思うのです。
それこそ、非科学的であろうとも、大槻教授が煩く言おうが、もう、これは日本の一つの文化であったはずなのに、何か、どっかに言ってしまったような、まぁ、そういうあれだよね。
勿体ないな―って思うんですけどね。
オカルトって、まぁ、そういう新興宗教がバカみたいに暴れたせいで、宗教的な意味での怖いものみたい那、そういう意見があるけどさ。
やっぱり、違うよね。
オカルトって、本来は、そういうものではないはず。
何か人間的な面白さ、根源的な危うさとの隣り合わせのスリルを味わう、こう面白いものである筈なのに、いつの間にか、こうね。文明の発達とともにつまらなくなったなーと。
って思っちゃうのよ。
なんか、ウルトラマンマックスのメトロンの話を思い出した。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT