≫ EDIT

『ウルトラマンタイガ』第16話「我らは一つ」

2019y10m19d_095612320.jpg2019y10m19d_095627754.jpg
トレギアのタイガの触り方が完全にAVのインタビューが終わった後の男優の、ソレ(つ=ω=)つ
とか思ったのは内緒ねー。
いやぁ、内緒ですわよ。
ふと思ったけどヒロユキのキャラが薄い。とは言うけど、確かにキャラは薄いけど、言い換えればヒロユキってどこにでもいそうな人間だからこそ、それがウルトラマンになるから意味があるのかもしれない。ようは、よくいそうな人であるからこそ、その時、自分はどうすればいいのかという、そういう意味で何処か弱くて、それでも正義感がどこかにある悪者にもなれないけど、力もない、言ってしまえば半端者であるからこそ、多くの人に、ある意味では共感を得られるし、ある種、ウルトラマンタイガはタロウの息子である。
それは、東光太朗の後継者であるからこそ、このキャラ付けに物足りなさって言うのがあるのかもしれないと、今、そういうことを思いますね。
割とマジで。
ある意味では、言ってしまえば、そこにあるのは空っぽと言うか、無個性だからこそ、これから、どうすればいいのか、それを染め上げることが出来るということが出来るわけです。
メイン視聴者である子供という名の真っ白さに、ウルトラマンタイガはどうすればいいのか、どう子供を染め上げるべきなのか。それを教えているように思思える。
16話まで見て、やっとヒロユキのキャラクターの造形の意味が解ってきたような、そう言う気がしないでもない。
相棒という感覚もあるんだけど、タイガとヒロユキの関係は友人に近いからこそ、そういうのもあるんじゃ老なーとか、今、何か、色々と考えてたー
2019y10m19d_095703996.jpg2019y10m19d_095738014.jpg
2019y10m19d_095756123.jpg
images (5)

さて、トライストリウム、やっぱりZATの隊員服に似てるよねー。
これがタロウがZATとの間で築いた証の力を息子が受け継いだ証明なのだろう。それこそ、絆という言葉で。

絆と言うのは、言葉にすると確かに薄っぺらいものです。
でも、悪い道に染まりそうな友人を助けるのは、確かに、それは友人との間に生まれた絆を護るためであり、それを救うことは、また自分の心の闇を救うことにもなるということなんでしょうね。
でも絆で救えないものもあるけど、ね。
それでも重視したいという気持ちは分からんでもないし。
「絆」って言葉に薄っぺらさを感じてしまう理由からのトレギアへの共感性って考えると現実の毒にやられ過ぎたことを強く感じる。
でも、そういう部分を大事にしないといけないのも事実ではあるし、改めて、ウルトラマンタイガ の対象年齢に当然だけど自分らは含まれてない、メイン層だけ見てる感じ。
現実の毒に飲み込まれる前に、安っぽさを感じる前に、こういうことは大切なのよ。って教えているような、そういう感じがしますね。
ウルトラマンタイガって言うのは、その物語性の意味を考えると、こう言うことなんだろうなーと。
トレギアは、やっぱり光の国に侵攻する予定があったんだなー。
しかも闇落ちしたタイガを利用して侵攻するとかやることえげつない(=ω=)
絶対にさー、タロウとタイガを戦わせてむごい結果を生んで一人ほくそ笑むトレギアがいたような気がする。
ラストのトレギアはいったい?
トレギアに共感するなんとやら。
ある意味、自分たちのような現実の毒に染まった大人のためのトレギアって部分はありそう。
2019y10m19d_095616648.jpg
メイン層の子供の視聴者からすればトレギアって、ただ悪い奴にしか見えないと思うんだけど、現実の毒に染まった自分達のような存在にはトレギアの言葉が節々に響いてくるのは、何か、心の中に「トレギアがいるのではないか?」と制作陣からメッセージであるような気がする。
トレギアに共感するなんとやら。
ある意味、自分たちのような現実の毒に染まった大人のためのトレギアって部分はありそう。
メイン層の子供の視聴者からすればトレギアって、ただ悪い奴にしか見えないと思うんだけど、現実の毒に染まった自分達のような存在にはトレギアの言葉が節々に響いてくるのは、何か、心の中に「トレギアがいるのではないか?」と制作陣からメッセージであるような気がする。
トレギアの共感に染まり行く中で大切なものを忘れちゃいないかい?
って言う、現実性のあるメッセージを放つトレギアが敵であるというのを考えると、そういう現実の毒に染まり過ぎて忘れてしまう言葉にすれば薄っぺらいけど大切なものって言うのを否定してしまう快楽に染まってはいないか?と。

うるせぇ!
それが現実だ!

って伏すことは簡単だし、その通りではあるんだけど、でも、それを声を荒げて叫ぶ特撮ファンや大人って言うのは凄い過激な方々になっていねーか?と。
誰もが心の中にいるトレギアに負けているのではないか?と制作陣から冷ややかな目で見られてそう。
前作のオーブダークの時もそうだけど、中野脚本って絶対に一作に一回は「こういう大人になっちゃいけない。」って大人を出すじゃん。
言ってしまえば、そういうことなんだろうなーって、そういうことを考える。
トレギアの年齢がタロウと同い年ということで、タイガは子供だし、トレギアが大人って言うのを考えると、そういうことなんだろう。
タロウはかっこいい大人だし、トレギアは現実の毒に侵された悪い大人だし、タイガは現実を知らない子供という構図で考えればーね。
ある種、自分たちはタイガから学べないけど、トレギアを反面教師として学ぶことが出来る。
#ウルトラマンタイガ を学びの場所と考えるのであれば、子供たちのためのタイガであり、大人のためのトレギアって構図が結構、あるような気がするんですよね。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

神田川JET GIRLS #02 『エースのプライド』

2019y10m19d_111504782.jpg2019y10m19d_112140270.jpg
昔、ジェットモトとか、そういうのあったよね?
モト冬樹がCMに出てたやつ。凄い子供の頃だったから忘れたけどw
レースシーンってやっぱり、サイバーフォーミュラとか含めて結構、こう言うのが好きだったりするのでついつい、レースシーンを見ていると色々と感想を忘れてしまう。
そんな感じで、レースには負けたが、楽しかったという、そういうあれ。しかも、そこにはまだ不完全であるという、ブーストの使い方を知らないから、今回は負けてしまったというのだからねぇ。
まだまだ、そういう駆け引きとかできる関係ではないんだろうなーって言うのは見ていて思う。
個人的に、そこは、もうちょい見たいんだけどね。
ジェットレースが、もっと盛り上がれば、これから広がっていくんだろうね。
しかし、そういうのを楽しめるタイプの子なんだね。
黄波さん。
2019y10m19d_112521858.jpg2019y10m19d_112523028.jpg
何か、この子はアリア社長のような女の子だと、そういうことを思ったりしました。無邪気で、自分の好きなことに対しては真っ直ぐな子って言うのは見ていて微笑ましいですよね。
さて、まぁ、今回、負けたということで、そこから這い上がるための部活づくりってことになるんでしょうね。でも、ここに時間をかけてはいられないだろうから、割とあっさり終わるんだろうねー。
まぁ、それでいいんだとは思う。
それ以上に大事なことはあるし、凛との絡みによって、ミサは動くような、そういうスタイル、やっぱり、彼女とジェットバイクをするということに快楽じみた感情を得たからこそ、恥ずかしがりながらも凜に乗るスタイルは良い。
さて、まぁ、ミサが、この仕事を辞めた理由も……
色々とあるんだろうなー。
それこそ、かぐやのコーチと何かあるように見えて仕方ない。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アイカツオンパレード「真昼ちゃんが見せる女の顔」

2019y10m19d_110810187.jpg2019y10m19d_110811880.jpg
千春さんが、とある女に食われるSSを書いているけど終わらない。
夜空さんは、ほら、あの、なんか、他作品の子とどろどろのレズセックスをさせたいとか思うしね?
らきちゃんの足が完全に加速装置が付いているようにしか思えない(=ω=/
なんやかんやで、みおあいが、らきちゃんのナビゲーターとして先輩ポジとして良い感じに機能していることは良かったよねーって、フレンズ好きとしては、そういうことを思ったりします。
そういや、小春ちゃんの飴ネタを投じ、私はえ付けと呼んでいたのを思い出しました。この餌付けはだいじでですね、これで、まひるちゃんを落としたという実績があるのでね。
あそこから……
小春ちゃんを巡る香澄姉妹の血を血で洗うような、そういう聖戦が行われたと言っても過言ではないのです。あと、らきちゃんって比較的に幼いよね。顔立ちが。
とりあえず、人魚姫のパロディなんですかね?
それよか、アコちゃんのステージの歌って、こんなに、良い歌声してたっけ?80年代感とか凄い感じるwあの、ファミリー劇場でやってるドリフの歌コーナーで流れるような、そういう部分を感じたのは内緒ね?( ・ω)
それよか、あいねは、アコちゃんとコラボしないのね。

……それよか、真昼ちゃん、さ。
小春ちゃんと出会った時、めっちゃ小春ちゃんの彼女面してたの笑うしかないな。
いや、微笑ましいと言う意味でwww

2019y10m19d_110847615.jpg
さて、まぁ、戻ってきたねーって思ったらさー。
紅林珠璃 と新条ひなきぃぃぃぃぃ!?
どうやって、この世界に来たんや?とか思いつつ、エママイと絡むの強い。
ついでにyoutubeの動画、いい加減に720に対応しとくれ……後、織姫学園長、そろそろ出して(・ω・(-ω-/

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仮面ライダーゼロワン「目指せ。仮面ライダーブレードランナー」


とりあえず、これが放映されるときは台風の被害であれなんですが、大丈夫ですかね?
知ってるよ。或人は実は次世代型ヒューマギアでしょ?(つ=ω=)つ
それも極めて人間に近い。
ブレードランナーから設定、持ってきたんでしょ?(つ=ω=)つさて、まぁ、自我に芽生えたヒューマギアなんてのが出てくるのは、この作品にとっては世の常なんでしょうが。
まぁ、ブレードランナーとアトムの青騎士だよねー。その前兆と言うか、そう言うのがあるんだろうね。アトムとか、ああいう世界って自我が芽生えたロボットを野放しにしてたりとかするし、そういう話の危険性とかー。さて、熱血教師ということで何と言うか、パワハラ的なものだと思いきや、ぜんぜん、そういうものではなかった。仮面ライダーゼロワン、もろにブレードランナーの世界を突っ走ってるなー。自我が芽生えたヒューマギア、それが人間に反乱するように仕掛ける組織とか、そして自我が芽生えたから排除する組織とか。
もろにブレードランナーでしょ。
バルカンの武器が銃メインなのも、そういうのなのかね。
実際、そう言うのやるのかね。
まぁ、やるなら、3クールか、まぁ、2クール目の始まり辺りになるんだろうけど。
これは、これで良いんだろうけど、保護者問題とか放っておいて、大丈夫なんですかね?そこ、投げっぱなしでええんかね?( ・ω)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

名作漫画を振り返ろう。『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティスGUNDAM VS. IDEON』

IMG_9458.jpg

そんな感じで、まぁ、これなんですけどね。

最近、ガンダムUCの作者である福井晴敏先生が、サイコフレーム=イデオナイトであるという見識を出して、富野監督が、それを冗談半分で頷いたという話があってですね。
そこで、これ、随分と面白いクロスオーバー設定だなーと。あくまでも福井先生の考えだし、それがオフィシャルというわけでもないのに、世間のおバカなガンダムファンは公式だとお認めになっちゃってるので、何か、勿体ないな―と。
んで、何故、自分が、この設定を面白いと思ったのかって、この画像の漫画なんですけどね。
『機動戦士VS伝説巨神 逆襲のギガンティスGUNDAM VS. IDEON』
ガンダムとイデオンのクロスオーバーですよ。
まさに、イデオナイトとサイコフレームの共通性を伝えるにはもってこいの題材ではございませんか。
って話でね。
面白いんですよ。
これがまた。
世間的には、ガンダムUC、まぁ、個人的には変な部分もあるなーとは思いますが、色々と面白かったし、問題は無いのです。そういう時代だからこそ、この漫画ですよ。ガンダムNTとか面白かったしね。


あらすじ

宇宙世紀0091年、木星圏にいたジュドー・アーシタは地球からの船とともにやってきたアムロ・レイに出会う。アムロはジュドーにジオンの残党が関わっているとされる超大型モビルスーツらしきものの写真を見せ、それの調査協力を依頼する。アムロ達が運んできたモビルスーツ「メガゼータ」に乗り、強行偵察に出た2人とシマ・八丈、鉄面皮の一行は、小惑星の背に固定されている巨大な人型ロボット「伝説巨神」とジオン残党の基地を発見する。ジュドーとアムロは巨神内部に潜入、何者かの声を聞いたジュドーは独自に行動を開始し、囚われたミネバ・ザビを発見する。ジュドーはミネバを連れて巨神を脱出しようとするが、ネオ・ジオン軍司令官のヒトーリンが、ジュドーこそがミネバの敬愛するハマーン・カーンを殺害した張本人であると吹き込む。ミネバは絶叫し、巨神が復活する。


って感じで、まぁ、イデオンとガンダムのクロスオーバーなんですけどね。
まさに、クロスオーバーの教科書ですよね。これ。
こうするんだ!
クロスオーバーって言うのは、こうやるんだ!って手に取るように解るような作品になってますね。二つの作品の重要な要素が上手く絡み合っているという、そこ行くと、またガンダムとイデオンの人間性の違いが、二つの世界を変えているというもの、ニュータイプの概念はイデの遺産でもあるというのが面白いところ。
そういう心であるからこそ、また、バナージと言うのはサイコフレーム=イデオナイトを開放したユニコーンガンダムを出してもイデオンのように世界を滅ぼさなかったのはバナージの精神の穏やかさなんだろうなーとか思う。
この作品の設定を読んだ後に、ガンダムUCを見ると、結構、色んな発見が出来るという楽しみ方があったりするんです。イデオンの作品の要素の捉え方と、ガンダムにおけるニュータイプの要素、その二つの要素を上手く絡み合わせて、そして、サイコフレームを真面目に扱ったガンダムUCを見ると「おぉ……」と感嘆したりする。
無限力はかつて、宇宙を終局へ導こうとした者たちの憎しみを利用して宇宙を滅ぼし、その後人間が再び過ちを犯さないように、分かり合える力「ニュータイプ」を与えた。って言う、そういう設定でありつつ、またガンダムの世界の業を描きつつ、それでもと可能性を求めてもがいた、アムロや、カミーユ、ジュドー、そしてバナージという主人公を通してみると少しでも、イデの希望は、そこにあったのだろう。
そういうことです。
そんな感じで、改めて、これを読んだ後にUCのアニメを見直して、NTも見たんです。
やっぱり、これを見た後に、そういう設定を織り込み見ると結構、面白いよなーってなります。
いやはや、そんな感じで、おススメですよ。

ZZ、ええよねー

| ガンダム作品感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT