≫ EDIT

頭が痛い。

割とマジ何で、今日はないです。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ボールルームへようこそ』Heat.11「評価」

51RMO-AqfaL.jpg

見てきてよかった!!
って言うか、気付いてよかった!!
思わず、定価で単行本を全巻購入して月刊少年マガジンまで購入してしまったほどには、ハマってしまったという、このアニメですよ。何が魅力って、前にも言ったけど、感情の繊細さ。
とにかくとにかく、感情の一つ一つの表現がダンスや、そのほかの場面、一つ一つの台詞の無駄のなさと言えば、それは大袈裟だけど、人が何かをしている時に動く些細な感情と言うのを余すことなく文字として表しながら、それでも、ダンスを行うという部分からこその、面白さ。
人によれば、まぁ、採用がある漫画がどうのこうのって言うのはあると思います。ただ、そうしてそこに至るまでの少年少女の葛藤や、そこにある思いと言うのが、1話から紡がれた言葉で表現された感情が、この11話までの流れの全てに、結果として集約されているわけです。
多々良の抱く感情の複雑さ、それを取り巻く多くの人の感情と言うものが、まさに、ダンスのように描かれているわけです。
そうして、抱く感情の描写のダンスに翻弄されて、楽しいんですよ。
あぁ、なんという、このアニメは。
そうした、主人公の多々良の抱く感情と言うのはですね。
グッとくるわけです。
あの一話の中心に抱いている勘定がですね。
こうして一つの形になっていくという展開が感動を誘う。
純粋なまでに、最初は自分と言う存在を変えたかったという理由から、いつしか、踊ることの楽しさへと微々たるものへと変化していく。
この感情の変化の描き方が実に蕾を抱いた植物のようにですね。
こうして、一つの花として未完成の花として咲かせるわけです。
だから、楽しいんですよ。
歪な花をこれから、もっと美しくさせていく。
この1話から、11話までの多々良の成長を感情の奇美によって感じさせるからこそ、このアニメって言うのは見ていて非常に楽しいんだ。
自分の好みのものなんてないのに。
自然と子供のころスポーツアニメを見ていた時の少年のような気持になってハマってしまう。
だから、愛しいんだろうな。
こういう作品が。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『プリンセス・プリンシパル』第11話「case23 Humble Double」

1505617539_2_4_1a3f25c83be303051a493b1633f9a244.jpg
あ、アンジェ、殺さないかも。
なんて、冒頭のプリンセスを殺します。は、アンジェ特有の嘘だな。なんて、今、自分で、そんなことを思ったりした。どことなく嘘をついた時のような目をしていたというか、その言葉からなのか、どうも、それが嘘だ。って思ってしまうような言い回しだった気がする。
仮にプリンセスが死ぬのだとしたら、それはアンジェの手ではなく何かしらのアクシデントと言うか、そういう部分であるような気がする。
さて、まぁ、チェンジリング作戦なんてやる気は、元よりなかったんだろうなー。そうでなきゃ、あそこまで放置して、どうのこうの何てのはないでしょう。上で、何かしらのことがあったような気がしないでもない。
本心で、彼女がプリンセスを殺すわけがない。
殺すなら、何かしらのアクシデントか、脚本の都合上、そこにある守るにはあまりにも非力すぎる孤独なアンジェと言う、そういう部分だと私は思います。いや、マジで。
問題は、これから、色々とあるんだけど。
アンジェの葛藤の中にある思いと言うのは、単なる愛情を超越した、贖罪や、様々な感情を含めた罪悪感も混じった愛情と言う、そのアンジェに対するプリンセスへの思いと言うのは陰と陽の感情が混じり合った思い出あるからこその尊さと言うのがあります。
己の我儘のせいで、平民よりも地獄の世界を味わせてしまったことに対する……
そして、アンジェにとっては唯一の友人であるからこそ……
でも、その思いは……罪悪の感情はプリンセスにとって、己の夢を妨げるワガママ、それは過去の時代から。友人であったとしても抱いてしまう不満。
でも、あの涙はー
本心であると同時にアンジェを危険な目から避ける思いや、そこにある申し訳なさ。彼女なりの、そこにある罪悪感のような感じですかね。
そして、彼女にとって最愛の人と二度と会えないこと、それに対する別れを自分から告げることに対する心の痛みを表した涙なのだろうと。
さて、そろそろ物語も終盤。
どう締めくくるんだろ。
1505617539_2_1_e562a02c7c50f446813a5e73f75529f8.jpg

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと疲れが。

2017y09m08d_104740717.jpg
今週はひどいのでなんかしらの感想をお休みさせていただきます。
いや、ちゃんと見るけどね。
吐き気やら食欲のなさやら、いろいろとひどいのよ。

| 百合有り日記 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ウルトラマンジード』第11話「ジードアイデンティティー」

2017y09m16d_091443366.jpg2017y09m16d_091608778.jpgそういや、そろそろリク自身がカプセルに頼らないウルトラマンとしての本来の姿とか、そういうのは気にならないんだろうか?とか、そんなことを思ったりする。
そう思ったら、あれですよ。
衝撃的で、また、これまでのリクの話がね。
皮肉というか、そういう感じが伝わってきますね。
あぁ、前にも、ツイッターで言ったんですよ。リクはベリアルのクローンで母親なんかいないんじゃないか?とか、そういう設定があり得そうだな―って言ってたら、当たっちゃった。
ありがちだけど、その目的や、リクの心情を察すると、これほど残酷なことは無いと、今、私は思います。
もう一つ気になったのは、やっぱり、ベリアルの「息子は良くやってるようだ。」からのケイの嫉妬心というか、そういう部分。
彼もダークネスファイブや、他のメンバーのようにベリアルに心髄したからこそ自分が作った模造品であるリクが自分以上にベリアルに褒められることが許せない。
リクの設定も、そうだけどケイの嫉妬も気になる話だった。
そりゃ創造主であるはずの自分の作った模造品がベリアルに自分以上に褒められて、更に、ある意味本気であるペダニウムゼットンを持って、ほぼ互角の勝負を演じる程の部分も嫉妬があったことだろうと思う。
飼い犬に手を噛まれた主状態だし。
リクへの嫉妬がケイを狂わせる。って言うのは、この手のライバルキャラではよくありがちな設定でもある気がする。
ただ、そこにある登場人物の思考というものを考えると極めて人間的だからこそ、ある種、同じ生命体としての魅力を感じてしまう。
所詮、彼も生命体という枠から外れることのない存在と。
こういうのを世間では小物って言うけど、でも、小物故の魅力っていうのを持っている登場人物だと思う。
2017y09m16d_092104252.jpg2017y09m16d_092131176.jpg2017y09m16d_092101810.jpg2017y09m16d_092212875.jpg
小物でありつつも、ちゃんと悪として徹する部分、そこに確かな悪のカッコよさを持っている登場人物は良い。
最近の作品は、これをラスボスでやっちゃうから問題があったりすると思うのよね。
だから己が作った模造品であること、今までしたことはヒーローではなくヒーローごっこであることを暴露することで精神を乱そうとして、その目論見は成功したような、そういう感じですね。まさに「決められた自分のストーリー」
そして、これから模造品に「抗うたびに築くヒストリー」が始まるのね。
模造品だからこそ本来のウルトラマンとしての身体なんて存在しない。って言うのは、なるほどな。って思った。
リクが気付かなかったのはケイの言うとおり、それこそヒーローだと思い込んでいた自分に酔っていた部分がありそうですね。
やっと憧れのヒーローになれたというのに。
それからの衝撃。
2017y09m16d_091954637.jpg2017y09m16d_091911241.jpg
ウルトラマンジードとしてのリトルスターを授けてくれた者達への冒涜、ジードに対する罵詈雑言が流れる中で、自分の正体を知らなかったとはいえ、それをヒーローとして応援してくれた人を通じて授かったリトルスターを通じて初めて変身したソリッドバーニングで戦うのは皮肉だなー。って思いました。
下手をすれば、それはリトルスターを己を信じて授けてくれた絆で繋がった者達への裏切りにも繋がってしまうと言う部分を良く描いていると個人的には思います。
思えばベリアルの遺伝子が99.9%だっけ。
あの時から、どうもベリアルのクローンなのでは?とか1話から、そういう部分はあったよね。
思えばケイの職業が小説家って言うのも、この展開にまで至る伏線だよね。まさに「決められた自分のストーリー」だわね。
全てはケイの描く小説のように、この展開は予定されていたことなんだろうと。仕組んだのはケイだけど、救世主として己の意思で選んだ道が無自覚に抗おうとした結果が荒廃する街…
本筋に戻りゼロが宇宙に行ったことで一気にリクとしての物語が強く印象に残る話だった。
ヒーローとしての道を選んで怪獣を倒すことで必死に己の証明をしようとした自分の意思すらも人形のように扱われた己の正体に対する現実と言う壁。
真実が全てが己に帰ってくるというのは考えるだけで辛いね。
ますます、このシーンにおけるレイトのリクにかけた言葉が今日ほど、皮肉に感じた日はない。
そして「マユは自分を選んでくれた」という言葉が、今日ほどリクに対して残酷な皮肉の言葉になってしまったことは言うまでもあるまい。
戦う中で護るべき物を探す存在……でもそれは敷かれたレールだね。
人類の味方であるウルトラマンの模造品が人類の敵になる。って展開は良くあるけど、人類の敵のウルトラマンの模造品が人類の味方になる。って展開は当たり前だけど、これが初めてだよね。
思い返せば、こういう設定ってガイア・ギアを思い出す。あれも己のアイデンティティを確立していくような話だった。
何かの模造品という、ありがちな設定ではあるけど、これまでのリクの物語が王道主人公として響いてきたからこその皮肉と言う部分は十分に効きすぎていると思います。
そして、それを一緒に追ってきたからこそ見ていて辛いし胸に響く何か、そういう辛さのようなものが画面から自分の心に伝わってくる。
これ、ウルトラマンジードが一年物だったら、もっと辛いことになっていたとは思う。
リクの物語ってとても、今まで謎をまき散らししつつ王道に主人公が成長してヒーローになる物語だったからこそ、このどんでん返しは見ていて辛いものになってしまっているような、そういう部分が上手く効いてるなー。
リクがベリアルの道具として動いたままであれば、今回の被害はなかっただろうとは思うけど、それは目先の未来でしかないしベリアルが蘇った時点でクライシスインパクトのような悲劇は再度起きる。
だからこそリクの選択は正しいけど、それ以上に目先のことに一番囚われていたのはリクってのもまた……
そして目先の事しか見ることの出来ない人間は……
2017y09m16d_092212875.jpg
またジードを非難するんだろうと思うと、それはそれで辛いものがあるよなって、そんなことを思ったりしてます。
遠い先のあり得る可能性の未来なんて人間は信じられないからこそ目先の未来で起きる出来事を当てにして原因を叩く。よくあることです。

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT