≫ EDIT

地下舞台

2020y07m11d_193730997.jpg
レズセックス

≫ Read More

| 適度なSS(黒歴史置場?) | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CUE #3


厳しい世界だなー。そんな感じで、あれですね。当たり前だけど、誰かが落ちて、誰かが受かる。当たり前だけど、それは、事務所の中での人間が誰もが受かるというわけではない。
厳しいけれど当たり前なんだけど、なんか、こういうのが続くと辛いのあるよね。さて、まぁ、そういう感じで今回は最近の声優の仕事……そうなる保証はないのは確かよね。
そして、やっぱり、本来の声優の仕事ではないとか、まぁ、ここまで多すぎたしな。そりゃ、歌で儲けられれば……とも思うけど、同時にプロジェクトが成功するとは限らないとか、結構、シビアなことを言うね(=ω=;)
アイマスの声優さんとか、アイマスで見ない人しかいない。
っていうか、この手のアイドルアニメの計画って、やっぱり、そう言う側面をちゃんと描くの、やっぱり、大事だわな。声優とはとか、そう言うのを考えれば、やっぱり、最近の声優さんに対する仕事の姿勢っていうのを描くのと同時に、未だに残る声優としての仕事に対して抱く世間の感想と言うのは、やっぱり不安定さとかね。
天堂ゆうきさんを通して描くことで、やっぱり、リアルさと言うのはあるわな。
親世代的には、そういう感じなんだよねw
いや、俺も言われたもんw親父にw
ただ、今は、声優になりやすい時代だそうです。かつて、本格的に声優学校に行った姉からすれば。ただ、その分、炙れちゃってる人が逆に多くなった。って言うのが、かつてなろうとした人の意見に「あー」ってなった。
しかし、日笠社長、良いこと言うよね(・ω・)
割と真面目に(・ω・)
こうして、あの本命の仕事が落ちて、まぁクラファンのアイドルプロジェクトが始まる中で……

一応、物語上の主役はどうなるんじゃか。
って思ったら、アニメのアフレコに参加と。
そして、役どころは生徒A。
まぁ、大事な仕事ですよ。そういうのもね?(・ω・)
しかし、はるまい以外、覚えられねーなー(=ω=;)

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スローループ #3


あー、良いよねー
釣りを通してイチャイチャってのもね。
良いものだよね。
まぁ、これを見ていた時、プラモを作っていたので、あれだったんですが、なんていうかーそれでも、一時的に手を止めてしまうという、そういうものがあったりと。
その後、姉と一緒にD4DJを見てですね。
りんくという女の罪深さを語ったりですね。
釣りを通してのイチャイチャ……
なわけでございますが。
良いよねー。
割と真面目に。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』第24話「闇の支配者」


さて、もう来週で最終回か。
早かったなー。
しかし、なんていうか、トリガーダークは個人的にはやっぱりアキトのほうが良かったと、未だに思う。
イグニスは初志貫徹はしたんだけど、でも、イグニスがトリガーダークになる理由としては弱いんだよね。
そこが物語としては「うーん」って部分も強い。
どうせだったら、イグニスはジャグラーのようにさ、ウルトラマンとは全く違うダークヒーロー的なデザインの怪人形態を出したほうが個人的にはよかったと思うんだわな。
劇場版に「影を継ぐ者」のオマージュをするとはいえ、やっぱりトリガーダークはアキトのほうがドラマチックだったと思うんだよね。
やっぱり、視聴者と制作サイドの間で絶対的に「ティガ」とは何だったのか。
って乖離は凄い大きかったなと。
何気にティガとは?
って言うのを一番わかっていたのはキリエロイド回を手掛けた田口監督って言うのも、またなんかなー。
同時に、ケンゴが歪なまでにスマイルに拘る理由も見えるけどね。
映像技術はなんとしてでも「ウルトラマンZを越えてやる!」って意気込みを感じた演出もあるからね、そこは凄い良いんだけどね。
それに対して脚本が付いていってないと言うのも、また真実なわけでさ。
まず、今回のウルトラマントリガーは人選ミスとしか言いようがないのよねー
本来、もっと、ちゃんと段取りを踏んでいればね?
お母さんとケンゴの絡みとか、そういうこの24話における絡みと言うのは非常にいいものになっていったと、私は思うんですけどね。
こういう話だからこそ、ちゃんと小中さんを呼んでリバイバルするとやったほうがねー。
正直、闇の三巨人にトリガーダークってちょっと描かなきゃいけない敵が多すぎた。ってのはすげーあるよね。
それでいて、更に、今回はギャラファイ宣伝回もあったから余計に話を盛り上げるために描かなきゃいけないキャラの描写が疎かになってしまった部分も感じるわけでさ。
惜しいよなー
ウルトラマントリガーなー。
1話は楽しかったんだけどね。
まぁ、でも、ねぇ。
嫌いになれないのはなんでだろうね。
個人的にはメツオロチの話とか、あの演出、結構、好きだったからってのもあるんだろうが。
あの話は良い感じに昭和の怪獣映画的なストーリーのブラッシュアップだったから特に好き。
カルミラのやばい女感と言うのも、それなりに、彼女の中にあるトリガーに対する恋慕とか、そこは描かれていたとは思うんですけどね。
まぁ、トリガーダークはしょせん、今は抜け殻状態だから余計に怒っている・……

ってのも解らんでもないんだがなー
だからこそ、もうちょいほしかった。

やっぱり、どうにもイグニス=トリガーダークって言うのが個人的には引っ掛かりを覚えてしまう。
いや、ニュージェネ的に闇の力はしょせん、力にすぎぬ。
いいも悪いも使い方次第。
って言うのを描きたかったのかな?
とは思うんだけどね。
思うんだけどー……
トリガーダークの出生を知ると失敗かなと

| 特撮感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼滅の刃 遊郭編 #7


そういや、ねずこが海外の面倒くさいフェミなんとかさんから色々と言われているらしい。陽は、大人になったねずこが大人になって、あんなむっちむち胸や太ももを晒すなんて許せぇ!性的搾取だぁ!って言ってるらしい。
あれくらいで……
いや、あれで、そんなことを言うって、お前が欲情してんじゃねーか?とか思えてくるわ。
そういう部分に反応して、なぜ、ねずこが、ああいう姿になったのかとか、そう言うのを考えないで、もう太ももとか見えただけでギャースカ騒ぐってのは結構、あれだよね。
そんな感じで、話は良い感じにクライマックスにかかってきたというのに、どうしてこうも。
そして、これから、色々とあるで。
上弦の六が首を切られたと言うことは、本当に、ここから上弦の伍が出てくると言うことでね。こいつが厄介なんですけど、同時に、こいつが炭次郎とねずこのーーーアンチテーゼと言うか、そういうキャラクターになるんだよね。
しかし、ねずこには、そういうことを言うくせに堕姫には、そういうことが無いのどうなんだろうなーって割と真面目に思ったりする。

| アニメ・漫画・小説感想 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT